千種秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

千種 秀夫(ちくさ ひでお、1932年2月21日 - )は日本の裁判官最高裁判所判事。財団法人日本法律家協会会長に就任。弁護士登録をしている。

人物[編集]

横浜地裁が振り出しだが、判検交流で11年間は法務省に勤務する[1]。法務省民事局長時代には妻の遺産相続を3分の1から2分の1にする法改正に関与した[1]。裁判と行政の違いについて「裁判は目の前の紛争解決。立法はあらゆることを想定し、広く深く考える。この経験が勉強になった」という[1]

最高裁判所事務総長から最高裁判所裁判官に任命される[1]。裁判官枠の最高裁判所裁判官は高裁長官を経て任命されるケースが多く、最高裁事務総長からのストレートの任命は異例[1]

経歴[編集]

担当訴訟[編集]

著作[編集]

  • 『判例にみる使用者の責任』千種秀夫、高井伸夫 (新日本法規出版)ISBN 978-4788206533
  • 『労使の視点で読む 最高裁重要労働判例 』高井伸夫・宮里邦雄・千種秀夫(経営書院出版)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)104頁