千粒重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

千粒重(せんりゅうじゅう、英語: thousand‐kernel weight[1][2])とは、農学農業、あるいは流通において、子実を用いる農産物などの品質を決める指標の一つで、文字通り、子実千粒の重量を示したもの。通常グラム表記にする。

概説[編集]

の場合、不完全粒を除いた完全粒の精玄米の状態で測定する[3]

千粒重は日本米の場合、20 - 25グラムの範囲になり、品種により異なる[3]。例えば、

となる。千粒重は条件により1 - 2グラムの増減がある[3]

脚注[編集]

  1. ^ 千粒重を英語で・英訳 - 英和辞典・和英辞典 Weblio辞書
  2. ^ thousand kernel w...の意味・用例英辞郎 on the WEB:アルク
  3. ^ a b c 『土壌・肥料学2 作物栄養・肥料学』文英堂出版、村山登など1984年、p.197