千船川浪之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

千船川 浪之助(ちふねがわ なみのすけ、1882年4月8日 - 1949年1月24日[1])は、大阪府大阪市出身の力士。主に大阪相撲で取った。猪名川部屋所属。最高位は関脇。一場所だけ東京相撲にも移籍、東京では井筒部屋に所属した。173cm、92kg。本名は山田 茂吉。

来歴[編集]

1902年5月に東京で初土俵を踏んだが、脱走し大坂相撲に加入した。三所攻め足取りを得意とし、幕内上位から三役で活躍、1910年5月場所では横綱大木戸森右エ門の全勝を阻止する白星をあげた。1911年6月鉄甲宗五郎ととも東京に移籍、前頭5枚目格に付け出されたが1勝6敗1分1預1休と通じず、結局この一場所で再び大阪にもどる。その後も大阪ではしばらく三役の力を保っていたが、1916年6月場所4敗6休で平幕に陥落すると以後は三役には戻れず、1921年1月場所かぎり廃業。

1913年2月に開催された合併相撲では、太刀山峯右エ門を破り号外が出た。

主な成績[編集]

  • 大阪相撲 幕内通算23場所(関脇5場所 小結2場所 三役格番外1場所)
  • 東京相撲 幕内通算1場所 1勝6敗1休1分1預

改名:井徳石→箱根山→千舟川→千船川→國見山→千船川→琴ノ浦→千船川 [2]

出典[編集]

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19110603.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709