千葉テレビ放送アニメ番組放送一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
千葉テレビ放送 > 千葉テレビ放送アニメ番組放送一覧

千葉テレビ放送アニメ番組放送一覧(ちばテレビほうそうアニメばんぐみほうそういちらん)では、千葉県独立局である千葉テレビ放送(チバテレ)で放送ないし放送されたアニメ、アニメ情報番組を列挙している。

放送時刻はJST(日本標準時)で表記。

現在放送中ないし過去のアニメ以外の番組については「Category:千葉テレビの番組」を参照のこと。

概要[編集]

  • かつては深夜アニメ作品(いわゆるUHFアニメ)を特番編成(選挙関連・オリンピックFIFAワールドカップ高校野球ダイジェストなど)の都合でゴールデンタイムに放送することがまれにあった(特に日曜日に多くみられる。その一例として、『らき☆すた』が深夜0:00から20:00に繰り上がったことがある。)。一部前日の深夜に放送するものもある。2010年代以降は、UHFアニメをゴールデンタイムに放送することはなく、選挙特番等があっても時間を遅らせたり、ゴルフ番組枠の時間変更・中止により通常通りの放送を確保することが多い。2014年(平成26年)10月以降は、選挙特番が入る日曜23:30 - 24:00についてはアニメを編成せず、再放送番組(主に東名阪ネット6共同制作番組)や海外ドラマ(『Mr.ビーン』など)を編成するため、アニメには全く影響しなくなった。
    • 2016年10月 - 12月は、日曜23:30枠(上記の選挙特番が入る枠)や日曜24:00枠などのかつて新作アニメが放送されていた時間には、他局が制作したアニメの再放送に割り当てられていた。
  • 2000年代後半からは16:9で制作される作品が増え、地上デジタルでは俗に超額縁と呼ばれる状態で放送される事の多かったUHFアニメだが、千葉テレビでは2006年(平成18年)4月の地上デジタル開局以来、16:9フルサイズで放送されており番組冒頭に5秒程「ハイビジョン制作」のテロップを表示する番組もあった(ただし厳密には、開局初日に放送された、『Soul Link』(第1話)・『吉永さん家のガーゴイル』(第1話)は額縁放送だった。両作品とも第2話以降はフルサイズで放送)。しかも試験放送の時期も含めると、テレビ埼玉よりも開始は早かった(ちなみにテレビ埼玉は2005年(平成17年)12月1日デジタル開局、2006年(平成18年)3月3日フルサイズ放送開始)。
  • 過去のアニメを放送する際は放送コードに対する規制が緩く、差別用語とされるものが含まれていてもそのまま放送される場合がよくある[注 2]
  • 2000年代はUHFアニメの幹事局を担当する作品がかなり多かった。アニメ雑誌の新作紹介記事で、UHFアニメの場合は放送局の欄に「千葉テレビほか」と書かれることが多かった(その他の担当局に関しては幹事局の項を参照)[注 3]
  • TOKYO MXがアニメの本数を大幅に増やして以降は放送される本数は減少、2016年からはKADOKAWA(角川書店・富士見書房)が原作あるいは製作関与の作品が数本放送されるだけとなっていた。UHFアニメ初期から放送されていたキングレコードの作品も『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』を最後に放送していない。2013年10月期は平日深夜帯から新作アニメの放送が一旦なくなるまでに至った。2016年7月期からは角川枠の1つで10年以上に渡って続いた日曜24:00枠も消滅し(2017年1月 - 3月のみ再開)、2017年4月は角川枠全体が消滅した(後番組は、『ウルトラゾーン』再放送(tvkとの同時ネット)に充てられた)。
  • 2017年7月期には、新作のアニメが一本も放送されず、全て再放送(一部作品は県内初放送)となったため、千葉テレビが深夜アニメの放送を開始して以来初めて深夜帯の新作枠は完全に姿を消すこととなった。その後同年10月期に『魔法使いの嫁』が放送されたことで新作枠が復活するも、2018年4月からはテレ玉と共に再び新作枠が消滅状態となっていた。しかし、7月より『邪神ちゃんドロップキック』が放送され、現在は不定期に新作アニメが放送されている。

新作アニメの動向[編集]

2006年初冬より原則として16:9マスター作品はフルサイズ放送となっている。

前述のとおり、日曜に市長選挙特番(概ね23:30-24:00)が編成される等、放送時間が変更となる場合がある。ただし、2014年10月以降はアニメ枠以外の番組を放送中止して対応しており、衆議院参議院選挙、千葉県知事選挙などを除けば、アニメ枠には影響が発生していない。しかし、2017年7月期以降は不定期放送となる。

  • どすこい すしずもう(どすこいすしずもう製作委員会制作)
    • 土 8:40 - 8:45
    • 【再放送】日 15:55 - 16:00、その他スポーツ中継中止時などに穴埋めで放送
    • 2021年3月29日 20:00 - 20:55に事前番組(第33回東京国際映画祭での上映作品)を放送した後、同年4月3日よりレギュラー放送開始。
  • ぐんまちゃん群馬県制作)
    • 日 8:30 - 9:00

アニメ再放送[編集]

  • 平日17:00-19:00は、『チュバチュバワンダーランド』(18:45-19:00)を含め、比較的子供向けのラインナップとなっている
    • 平日17:00-18:00は『あにめたいむ5』となっており、17:00-17:30は、1つのアニメを5日間連続放送[注 4]、17:30-18:00は、日替わり[注 5]
    • 2021年3月まで、18:30-19:00は永らく1つのアニメを4日間(月曜-木曜)連続放送(2019年3月までは5日間連続放送)していたが2021年4月改編により廃止[注 6]
    • かつて2013年4月から2016年8月までは、平日19:00-19:30(2015年以降は編成の都合上縮小し、月曜のみで継続)の枠があったが、『銀魂'』の深夜枠移動により、廃止。
    • 例年、以下の期間は休止となる。
      • 7月は、夏の高校野球千葉大会開催のため、17:00 - 19:00全てにおいて休止[注 7]
        • 雨天中止・終業式・選挙投票日や期末試験前後に伴う調整日であっても休止し、この場合はテレビショッピングや穴埋め番組を放送する。
        • ただし2019年以降は、17:00 - 17:30のアニメ(5日間連続放送)については休止対象とはならず、17:30 - 18:00(日替わり)のアニメのみ休止となる[注 8]
      • 3月上旬に、隣県の茨城県で行われる公立高校入試当日は、アニメ再放送枠のいずれかで15分間の解答速報を放送のため休止。
  • 23:00以降に深夜アニメ枠を設置しており、キー局でも深夜で放送していたアニメの再放送を中心に行っている。
    • 水曜23:00台は、2015年4月 - 2018年3月はProduction I.G(もしくはその関連会社)制作アニメの放送枠となっていた(2017年4月 - 6月を除く)。
    • 2021年4月からは平日24:00 - 24:30に、『あにめたいむ5』の深夜版となる『あにめたいむ24』を新設。これにより、この時間に放送されていたバラエティ番組等は、22:00 - 24:00の間等に移動される。
  • 夏休み時期には、「アニメスペシャル」と題して放送されることがある。
    • 2010年代までは、シナノ企画制作のアニメが2,3本、16:30のテレビ埼玉制作番組(『ごごたま』⇒『マチコミ』)を数日中止して放送されていた。
    • 2021年は、「あにめたいむ5」の17:00 - 17:30と、「あにめたいむ24」を当該期間のみ24:30 - 25:00にも拡大して放送[1]
  • ■は2回目となる作品。

全日帯[編集]

あにめたいむ5(平日17時台)[編集]

その他[編集]

  • 九藏喵窩(じょうざんみゃおうお)(リニューアル版)
    • 第2・4日 7:30 - 8:00
    • 日本国内としては初放送。
    • 2020年12月13日(2期2話)の放送を最後に何の告知もなく長期間放送休止状態となっていたが、2021年6月9日に櫻花村篇の製作中止及び2話で打ち切りを発表した[2]。代替として猫王国編のリブート版を放送。

深夜帯[編集]

あにめたいむ24(平日24時台)[編集]

過去の新作アニメ[編集]

自社制作(共同制作含む)[編集]

その他独立局制作[編集]

他局制作[編集]

※はUHFアニメ扱い

日本テレビ系列[編集]

テレビ朝日系列[編集]

TBS系列[編集]

テレビ東京系列[編集]

フジテレビ系列[編集]

BS放送[編集]

過去のアニメ再放送[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

TBS系[編集]

テレビ東京系[編集]

フジテレビ系[編集]

BS放送[編集]

CS放送[編集]

過去のUHFアニメの主な作品[編集]

過去に放送されたアニメ・声優関連番組[編集]

過去に放送されたその他アニメ[編集]

テレビ局以外のプロダクション制作、または海外制作のものを列挙。

「あにめたいむ24」枠で放送されたアニメ[編集]

  • 東京喰種トーキョーグール(2021年4月-6月放送。東京喰種製作委員会製作。)
    • 東京喰種トーキョーグール√A(アニメ第2期、2021年7月-9月放送。)
  • ぶらどらぶいちごアニメーション制作)
    2021年7月5日 - 9月8日に「夏休みアニメスペシャル」の一環として放送されていた。この時間帯は本来『戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜』の再放送枠であるが、当該期間のみ「あにめたいむ24」の拡大として放送。形としては、全12回を放送後、引き続き再度全12回を再放送。再放送が3度繰り返されるため、トータルで4巡(本放送 + 再放送3巡)放送されていた[3]
  • 日常(2021年4月-9月放送。東雲研究所制作。)
  • 咲-Saki-(2021年4月-9月放送。清澄高校麻雀部制作。)

朝の情報番組内で放送されたアニメ[編集]

  • セバタン(かつて、『ハピはぴ・モーニング〜ハピモ〜』、『シャキット!』内で放送されていた)
  • パンダのたぷたぷ(2012年4月 - 2013年3月、『ハピはぴ・モーニング〜ハピモ〜』内で毎日7:05頃放送の「キャッちば!」コーナー内で放送。チバテレでの放送終了後はTOKYO MXでの放送に変更。)
  • 猫ジョッキー(『ちば朝ライブ モーニングこんぱす』内で、2021年5月に放送。日本中央競馬会(JRA)・DLE制作。)[4]

その他の時間帯で放送されたアニメ[編集]

下記は、17時台(現:「あにめたいむ5」)や、「あにめたいむ24」以外の深夜枠などで放送されたもの。

イベント・キャンペーン[編集]

チバテレ開局40周年記念『チバテレ☆アニメカーニバル』(中止)[編集]

2011年4月3日千葉県文化会館にて、チバテレ開局40周年記念イベントとして、May'nなどが出演する『チバテレ☆アニメカーニバル』と題したイベントが開催予定で、『朝まるJUST』等の各番組や天気予報等で盛んに宣伝されていたが、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)による公共交通機関の不安定などを理由に中止となった[5]。なお、チバテレ開局40周年記念イベントは翌年の2012年3月3日に『チバテレビ開局40周年記念 豪華絢爛 演歌まつり』として、チバテレの特徴でもある演歌のコンサートに変更された[6]

後述する開局45周年記念など、以後においてもアニメ関連のコンサートの実現には至っていない。なお、開局45周年記念コンサートもやはり演歌のコンサートであり、2017年3月3日に『千葉テレビ放送開局45周年記念 三波春夫没後15年特別企画 山内惠介市川由紀乃三山ひろしスペシャルコンサート』として開催される[7]

チバテレ開局45周年記念『TMS(トムス)×チバテレ アニメ総選挙』[編集]

チバテレ開局45周年記念として、トムス・エンタテインメントとのコラボレーションにより、2016年7月18日19日の「スマイルfestivalちば」(プレナ幕張)で、トムスを代表する10作品(旧東京ムービー時代の作品を含む)から視聴者投票を行い、最も投票が多かった作品が放送される[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2006年(平成18年)10月からはハイビジョン制作、もしくは局への納品時に素材をアップコンバートしている作品に限り、テレビ神奈川・名古屋テレビ(メ〜テレ)テレビ愛知朝日放送関西テレビサンテレビテレビ北海道東北放送瀬戸内海放送TVQ九州放送なども含まれる。
  2. ^ 新作UHFアニメの放送コードは以前は緩いほうにされることが多かったが、ここ数年はTOKYO MXのみが一部描写において緩くなることが多く、千葉テレビはその他の局と共通の放送コードに統一される傾向が多い(特にここ最近はTOKYO MXと近畿広域圏の独立放送局とはゆるい方にされることが多いが、首都圏トライアングル各局は一律きつい方に統一されるなどということがある)。
  3. ^ 『別冊宝島1411号 このアニメがすごい!2007』という本において、千葉テレビの担当者がインタビューに答えたことがある。
  4. ^ 金曜のみ2015年10月から2019年3月までは『グッと!金ようび』再放送を放送していたため、2021年2月から3月までは通販番組を放送していたため、4日間(月曜-木曜)連続放送となっていた。
  5. ^ 水曜のみ2014年5月から2018年5月までと同年10月から2019年9月までは、テレビ朝日制作の主に男児向けの特撮ドラマ枠(「平成仮面ライダーシリーズ」、「スーパー戦隊シリーズ」)となっていた。月曜は2014年4月から2015年3月までは、特撮ドラマ枠(「ハルサーエイカー」、「ハルサーエイカー2」)となっていて、2021年2月から3月までは、放送作品が決まらないため、通販番組となっていた。
  6. ^ 金曜のみ2019年4月より、18:00-18:30を『NEWSチバFUSION』開始により『チュバチュバワンダーランド』が18:30-18:45に変更。
  7. ^ 特に18:30 - 19:00は、2019年まで高校野球関連の番組と重なっていたが、2020年にこの時間の高校野球番組は廃止。更に2021年からは18時台のアニメも廃止。
  8. ^ 2020年のみ、代替大会に伴うイレギュラー対応で、17:00 - 17:30のアニメ(当時は、『ヒカルの碁』)も休止した。2021年は、後述する「アニメスペシャル」の17:00-17:30に加え、月曜の『SSSS.DYNAZENON』についても、ほぼ同時期にネット開始した首都圏トライアングル各局間での遅れ回避のため休止対象とはせず放送した。
  9. ^ 2009年9月17日に局のサイト上で、「放送権利の問題で急遽放映できなくなりました」との理由で放送打ち切りを発表。その後9月中は『ちば美彩 Natural Beauty』で穴埋めして、10月からは『らんま1/2』が放送された。
  10. ^ 放送終了年がチバテレ開局と全く同じ1971年として、候補として選出された。
  11. ^ 放送終了年がチバテレ開局と全く同じ1971年として、候補として選出された。
  12. ^ 1976年の放送終了以来ちょうど40年目であるとして、候補に選出された。
  13. ^ 原作者の1人であるたかなししずえが、地元鴨川市出身ということで、候補として選出された。
  14. ^ 放送開始が、チバテレ開局と全く同じ1971年ということで、候補として選出された。
  15. ^ 1986年の放送開始以来、2016年がちょうど30年目であるとして、候補として選出された。
  16. ^ 1996年に原作の連載及びアニメの放送が終了して以来、ちょうど20年目であるとして、候補に選出された。
  17. ^ 2006年の放送開始以来、ちょうど10年目であるとして、候補に選出された。

出典[編集]

  1. ^ “夏休みアニメSP「うる星やつら」「ぶらどらぶ」が7月からスタート!” (プレスリリース), 千葉テレビ放送, (2021年6月25日), https://www.chiba-tv.com/saved/file/news/31/5d/bb1e3f1e60eebf08cbaad7a546e7add29001315d.pdf 2021年6月28日閲覧。 
  2. ^ 2021年6月9日のツイート”. ドルアニ 公式. 2021年6月12日閲覧。
  3. ^ @@VLADLOVE_ANIME. "本日深夜は、前代未聞の帯放送4回まわしが始まる!" (ツイート). Twitterより2021年7月8日閲覧
  4. ^ “JRAアニメ『猫ジョッキー』5月放送開始”. netkeiba.com. (2021年4月28日). https://news.netkeiba.com/?pid=tarekomi_view&no=12475 2021年4月28日閲覧。 
  5. ^ チバテレ☆アニメカーニバル開催中止のご連絡”. 千葉テレビ放送 (2011年3月16日). 2012年8月7日閲覧。
  6. ^ チバテレビ開局40周年記念 豪華絢爛 演歌まつり”. 千葉県文化振興財団 (2012年3月3日). 2012年8月7日閲覧。
  7. ^ 千葉テレビ放送開局45周年記念 三波春夫没後15年特別企画 山内惠介・市川由紀乃・三山ひろしスペシャルコンサート”. 千葉県文化振興財団 (2016年). 2016年12月18日閲覧。
  8. ^ “TMS(トムス)×チバテレ アニメ総選挙開催!” (プレスリリース), 千葉テレビ放送, (2016年7月11日), http://www.chiba-tv.com/saved/file/news/59/a8/c3f499fa764263bcb7164c35d641d795351a59a8.pdf 2016年7月11日閲覧。 
  9. ^ “「パンダコパンダ」劇場版アニメーション2本立て 8/18(木)放送!” (プレスリリース), 千葉テレビ放送, (2016年8月3日), http://www.chiba-tv.com/saved/file/news/7d/a2/7cacfc8f798f56ae928662edab800dae304a7da2.pdf 2016年8月3日閲覧。 
  10. ^ “放送枠争奪!TMS×チバテレ テレビアニメ総選挙 9日間限定ハガキ投票開始” (プレスリリース), 千葉テレビ放送, (2016年8月3日), http://www.chiba-tv.com/saved/file/news/64/86/cb327df7518957b3de2ddd39c9c91d73ae256486.pdf 2016年8月3日閲覧。 
  11. ^ “『放送枠争奪!TMS×チバテレ テレビアニメ総選挙』の開票結果発表!” (プレスリリース), 千葉テレビ放送, (2016年9月23日), http://www.chiba-tv.com/saved/file/news/84/c7/d307df7b32f4daeb7da8d517830e39cb6a6684c7.pdf 2016年9月23日閲覧。 

関連項目[編集]