千葉伸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

千葉 伸夫(ちば のぶお、1945年8月16日[1] - )は、日本の映画評論家

略歴[編集]

1945年、旧満州国錦州省に生まれる。早稲田大学大学院演劇課修士課程修了[2]

エピソード[編集]

葉山三千子に会い、自著を渡したことがある[3]

著書[編集]

  • 原節子 映画女優の昭和(大和書房、1987年)
  • 映画と谷崎(青蛙房、1989年)
  • チャプリンが日本を走った(青蛙房、1992年)
  • 原節子伝説(翔泳社、1995年)
  • 評伝山中貞雄(実業之日本社、1998年)
    • 評伝山中貞雄 若き映画監督の肖像(平凡社ライブラリー、1999年)
  • 小津安二郎と20世紀(国書刊行会、2003年)
  • 映像史 Image media Wars(映人社、2009年)

共著[編集]

  • 『小津安二郎を読む』(フィルムアート社、1982年)

出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.550
  2. ^ 『映画と谷崎』巻末
  3. ^ 『映画と谷崎』「第二章 葉山三千子とアマチュア倶楽部」”1989年 春 横浜”の項