千葉工匠具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

千葉工匠具(ちばこうしょうぐ)とは、千葉県内で伝統的な技法によって製造される刃物・手道具類の総称。産地組合は、千葉県打刃物連絡会。2017年11月30日に経済産業大臣から伝統的工芸品の指定を受けている [1]

歴史[編集]

房総半島では文禄3年(1594年)からの利根川東遷事業享保9年(1724年)に始まった印旛沼干拓など、江戸期を通じて大規模な土木工事が行われ、この過程で、土地の開拓に必要な手道具類の製造技術が発達した。
明治維新後は、1875年(明治8年)に成田に御料牧場が設置されるなど房総半島内で発達する畜産業に対応して、羊毛加工に用いる手道具類や関東牛刀などの食肉加工に用いる手道具類が製造されていった。
これら手道具類は鍛冶職人が手作業で製造を手掛けていることもあり、2017年11月30日に経済産業大臣から伝統的工芸品の指定を受けた。

脚注[編集]