千葉熱血MAKING

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千葉熱血MAKING
チーム名(通称) 千葉熱血
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 クラブチーム
創部 2006年
チーム名の遍歴

  • 千葉熱血MAKING (2006 - )
本拠地自治体

練習グラウンド 特定せず
チームカラー
監督 松尾優治
森田健作(名誉監督)
都市対抗野球大会
出場回数 なし
社会人野球日本選手権大会
出場回数 なし
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 2回
最近の出場 2017年
最高成績 ベスト4

千葉熱血MAKING(ちばねっけつメイキング)は、千葉県松戸市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟している社会人野球クラブチームである。

概要[編集]

俳優で元国会議員の森田健作(現:千葉県知事)が、2005年12月社会人野球クラブチーム設立を発表、2006年1月に選抜を行い、同年2月14日付けで『千葉熱血MAKING』として日本野球連盟へ加盟し[1]YBCフェニーズとともに千葉県野球連盟第8(第9)のチームとして正式に誕生した。

森田は総監督に就任、常設の応援団長に千葉県に本籍を持つテレビ演出家のテリー伊藤(後に横浜ベイブルース総監督に就任)、マスコットガールに千葉県出身かつ森田の事務所の後輩でもあるタレントの小野真弓、総監督付特別補佐官に森田と交友がある俳優の京本政樹を起用したチームとなっている。

加盟初年度となる2006年は、都市対抗野球大会全日本クラブ野球選手権大会の千葉県1次予選で4位となり、クラブ2位でクラブ選手権南関東2次予選に進出する快進撃を見せたが、そのさなかに若生監督・本西ヘッドコーチらがチーム運営の意見の食い違いから退団、またチームの柱として期待された元プロ野球選手中村隼人台湾プロ野球挑戦のため退団するなど、チームの今後が不安視される事態となった。

2008年、森田は名誉監督に就任。監督兼外野手として河野和洋(明徳義塾高校専修大学ヤマハサムライ・ベアーズ)が就任し、チームの編成・指導を行っている。背番号は55番である。河野は松井秀喜5打席連続敬遠を行った投手である[2]

2015年、初の全国大会となる全日本クラブ野球選手権大会に初出場を果たした。

2016年より松尾優治が監督に就任。

沿革[編集]

  • 2005年 森田健作が千葉県にクラブチームを設立するとの構想を発表
  • 2006年 チーム名が「千葉熱血MAKING」に決定、日本野球連盟に加盟
  • 2006年 クラブ選手権千葉県2位に。
  • 2010年 秋、千葉県社会人クラブチーム2位。
  • 2011年 春、千葉県社会人クラブチーム3位。
  • 2011年 秋、関東クラブ選手権千葉県大会1位。
  • 2012年 都市対抗野球南関東大会初出場
  • 2012年 全日本クラブ選手権南関東大会初出場
  • 2012年 第5回関東クラブ選手権準優勝
  • 2014年 第7回関東クラブ選手権優勝
  • 2015年 全日本クラブ選手権初出場(ベスト4)

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

かつて在籍していた選手[編集]

  • 吉田えり(投手) - 男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手。

脚注[編集]

  1. ^ チーム情報 登録・変更情報 2006年”. 日本野球連盟. 2016年8月15日閲覧。
  2. ^ 5打席連続敬遠 河野さんが追う夢の続き「松井選手と草野球で…」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年1月13日). 2016年8月15日閲覧。

関連項目[編集]