千葉県営鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
利根運河を越える千葉県営鉄道野田線の列車

千葉県営鉄道(ちばけんえいてつどう)とは、千葉県がかつて運営した鉄道、および建設を予定していた鉄道である。

運営されていた路線についてはいずれも太平洋戦争前に建設され運営されていた。一時は千葉県各所に路線があり運営されていたが、その後いずれも他の鉄道事業者に引き継がれた。

また、戦後に千葉ニュータウンの開発に伴って新線が計画されたが、千葉県単独による建設を断念した後に計画そのものが消滅した。

かつて運営されていた路線[編集]

有吉忠一第11代千葉県知事は、県下の道路事情の悪さおよび他県に比べて鉄道の敷設が著しく遅れていることから、地域開発のために県内各所を連絡する必要があるとして建設を推進した。千葉県には道路修繕に適した砂利が産せず県外の割高な砂利を購入しなければならなかった。このため建築費の安い軌道軽便鉄道に注力することになった[1]。資金は国から借り県債を起こし、また建設には陸軍鉄道連隊を使い費用を抑えた[2]。有吉は後に宮崎県知事となり、宮崎県営鉄道妻線飫肥線(ともに後に国有化)を建設する。

他の鉄道事業者により現在も運行されている路線[編集]

廃止された路線[編集]

輸送・収支実績[編集]

鉄道線(野田線・久留里線・多古線・八街線)
年度 輸送人員(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他損金(円) 支払利子(円) 政府補助金(円)
1911 211,742 32,483 45,333 59,801 ▲ 14,468 20,000
1912 319,323 40,798 70,206 67,796 2,410 35,708
1913 432,279 59,001 98,688 82,848 15,840 35,688
1914 422,472 63,852 100,842 90,346 10,496 利子手数料89 35,600 17,029
1915 428,938 72,966 98,839 82,332 16,507 35,689 17,516
1916 464,370 94,523 108,026 98,684 9,342 雑損金1,816 33,359 17,232
1917 472,706 94,180 129,689 115,456 14,233 雑損金1,276 32,004 12,731
1918 577,167 99,475 163,211 203,919 ▲ 40,708 雑損金15,110 27,628 10,447
1919 753,393 130,496 210,571 217,831 ▲ 7,260 軌道営業欠損金8,197
雑損金8,808
25,658 6,113
1920 783,741 128,895 286,427 281,625 4,802 雑損金6,033 26,510 59
1921 832,674 143,081 330,869 313,306 17,563
1922 843,670 173,734 361,872 318,701 43,171
1923 473,453 65,466 188,497 218,054 ▲ 29,557 15,135
1924 238,243 26,729 99,600 139,334 ▲ 39,734 12,066
1925 250,370 25,758 79,436 122,642 ▲ 43,206 8,850
1926 293,835 18,336 80,084 172,391 ▲ 92,307 雑損1,202 16,383
  • 鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料各年度版
  • 1926年繰越金▲760,777

計画路線(北千葉線)[編集]

前記の太平洋戦争前に運営された各線とは沿革が異なる路線として、戦後にも千葉県によって計画された鉄道路線があった。千葉ニュータウン開発のため計画された路線で北千葉線という名であったが、のちに方針転換され、名称も「東京10号線延伸新線」と変更されている。

都営地下鉄新宿線本八幡駅市川市)から延伸し、新鎌ヶ谷鎌ケ谷市)・印旛松虫(印旛村、現在の印西市印旛日本医大駅)にいたる路線として計画され、1972年(昭和47年)3月に都市交通審議会に答申、翌年10月に同区間の免許が交付された[4]。また、当初は印旛松虫から成田ニュータウンを通り成田駅方面まで延伸する計画もあった[5]。このうち第1期線として小室駅 - 千葉ニュータウン中央駅間は北総開発鉄道の第1期線(北初富駅 - 小室駅間)と接続及び同時開業することで当面の旅客輸送ルートを確保する関係から単線(軌間・1435mm)で先行して建設。第2期線を建設するとともに、第1期線の残る一線に本来の軌間(1372mm)を敷設した上で全線開業(この時点で北総線との直通を中止)し、そののち先行開業区間を改軌して完成とする計画としていた。[6]

企業庁により一部区間で用地買収が行われたものの、千葉ニュータウンの事業計画が縮小された事もあり、1978年には事業が凍結された。また小室 - 印旛松虫間の免許は宅地開発公団へ譲渡され、この区間は後に住宅・都市整備公団により北総鉄道北総線の延長として建設された(現在、公団は都市再生機構へ承継され、鉄道事業財産は京成電鉄が新たに設立した千葉ニュータウン鉄道へ有償譲渡)。

残区間は1985年(昭和60年)には運輸政策審議会答申第7号から削除され、1992年(平成4年)には本八幡 - 新鎌ヶ谷間を第三セクターによって将来事業化する方向で決定し、方針転換した。その後2000年(平成12年)には鉄道事業の廃止を運輸大臣に届出、鉄道建設は白紙に戻された[7]ものの、翌年県議会において「東京10号線延伸新線」の名称で第三セクターによって将来事業化する方向で調査検討をする旨が表明されていた[8]

しかし、沿線の人口増加が見込めないことや、約1400億円の事業費がかかる上に採算性が見込めないこと、累積赤字を抱えている北総鉄道の減収にもつながるおそれから「東京10号線延伸新線促進検討委員会」が2013年(平成25年)9月3日で解散したため[9]、計画そのものが廃止となった。

現在は、京成バス市川営業所高塚線により、本八幡駅から、北総鉄道北総線の大町駅東松戸駅を結んでいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2間幅の道路1マイルあたり33,592円の砂利購入費がかかるのに対し県営鉄道の1マイル当たりの建設費は野田線23,638円、多胡線12,663円、久留里線20,444円、大原大多喜人車軌道8,176円 (佐藤信之「明治末期の地方道路行政と県営鉄道」『鉄道史学』No.8、63、69頁)
  2. ^ 『ちばの鉄道一世紀』 p120 白土貞夫(崙書房出版、1996年) ISBN 4-8455-1027-8
  3. ^ 国鉄木原線(現・いすみ鉄道いすみ線)とは別の路線。同線は夷隅軌道の廃止から3年後の1930年(昭和5年)に開通した。
  4. ^ 『ちばの鉄道一世紀』 p245 白土貞夫(崙書房出版、1996年) ISBN 4-8455-1027-8
  5. ^ 『鉄道ファン』2010年5月号(No.589)、交友社
  6. ^ 『鉄道ピクトリアル』1974年2月号 (No.289) 「千葉ニュータウンへの鉄道」
  7. ^ “県営鉄道北千葉線 事業廃止を届け出 本八幡-新鎌ケ谷9.3㌔”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2000年12月29日) 
  8. ^ 千葉県ウェブサイト・北千葉線に関するページ
  9. ^ 新鎌ケ谷への延伸計画廃止 検討委員会が解散 都営新宿線 - 千葉日報オンライン、2013年9月4日。

関連項目[編集]