千葉県立保健医療大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千葉県立保健医療大学
ChibaPrefecturalUniversityOfHealthSciences20110917.jpg
幕張キャンパス
大学設置/創立 2009年
学校種別 公立
設置者 千葉県
本部所在地 千葉県千葉市美浜区若葉2-10-1
北緯35度39分9秒 東経140度3分5.7秒 / 北緯35.65250度 東経140.051583度 / 35.65250; 140.051583座標: 北緯35度39分9秒 東経140度3分5.7秒 / 北緯35.65250度 東経140.051583度 / 35.65250; 140.051583
キャンパス 幕張キャンパス
仁戸名キャンパス
学部 健康科学部
ウェブサイト https://www.pref.chiba.lg.jp/hoidai/
テンプレートを表示

千葉県立保健医療大学(ちばけんりつほけんいりょうだいがく、英語: Chiba Prefectural University of Health Sciences)は、千葉県千葉市美浜区若葉2-10-1に本部を置く日本公立大学である。2009年に設置された。

概要[編集]

1981年、千葉県歯科衛生専門学院・千葉県栄養専門学院が統合され、公立共学短期大学として千葉県立衛生短期大学が創立。2009年4月、千葉県立衛生短期大学と千葉県立医療技術大学校が統合され、公立四年制大学として創立。

大学の理念・目的[編集]

以下の4点を理念と目的に掲げている[1]

  • 高い倫理観と豊かな人間性を持った人材の育成
生命の尊厳を深く理解し、専門職としての高い倫理観を育み、人間を総合的に理解し、多様性を認めあう広い視野を持った人材を育成します。
  • 健康づくりなどの保健医療に関わるすぐれた専門職の育成
すぐれた専門的知識・技術を習得し、一人ひとりの状況に応じた健康づくりなどの多様な保健医療を研究・企画・評価する能力を持った人材を育成します。
  • 地域社会に貢献し、保健医療の国際化に対応できる人材の育成
地域に開かれた大学において、県民、保健医療関係者と広く連携・交流を行い、地域社会に貢献する意識態度を醸成します。また、国の内外を問わず国際的な視野を持って活動できる人材を育成します。
  • 県の健康づくり政策のシンクタンク機能
健康づくりなどの保健医療の政策課題に関する実践的研究を行い、その成果を地域に還元し、県の健康づくり政策に貢献します。

沿革[編集]

2005年(平成17年)4月 県健康福祉部内に保健医療大学準備室を設置
2005年(平成17年)7月 保健医療大学整備検討委員会を設置
2006年(平成18年)4月 保健医療大学準備室を課相当の保健医療大学設立準備室に改組
2006年(平成18年)7月 保健医療大学整備計画を策定
2008年(平成20年)3月 文部科学省に設置認可申請書提出
2008年(平成20年)10月 文部科学省設置認可
2009年(平成21年)4月1日 千葉県立保健医療大学開学

基礎データ[編集]

所在地[編集]

放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる[2]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

  • 健康科学部
    • 看護学科
    • 栄養学科
    • 歯科衛生学科
    • リハビリテーション学科
      • 理学療法学専攻
      • 作業療法学専攻

取得資格[編集]

資格

受験資格

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 田邊政裕:現学長


脚注[編集]

  1. ^ 千葉県立保健医療大学. “大学の理念・目的” (日本語). 千葉県立保健医療大学. 2020年6月25日閲覧。
  2. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

公式サイト[編集]