千葉県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗千葉県第2区
衆議院小選挙区 千葉県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 千葉市花見川区習志野市八千代市
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 小林鷹之
有権者数 455,278人
1.94 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2019年9月登録日)
テンプレートを表示

千葉県第2区(ちばけんだい2く)とは、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

習志野市八千代市東京都市圏ベッドタウン北部に千葉市の北の玄関口である花見川区で構成されている。

中選挙区の千葉1区時代から自由民主党江口一雄が堅実な活躍を見せ続けて「江口王国」として地盤を固めてきたが、2000年の第42回衆議院議員総選挙で「落下傘候補」として民主党公認で出馬した永田寿康が初当選を果たすと、2003年の第43回衆議院議員総選挙でも永田は江口を返り討ちにし、江口が落選後に引退を表明してここに江口王国は崩壊した。

2005年の第44回衆議院議員総選挙で自民党は1度、比例東海ブロックでの当選経験をもつ山中あき子を擁立し、永田を僅差で小選挙区初当選(2000年の総選挙では小選挙区で落選)した(永田も比例で復活当選)。ところが、民主党旋風となった2009年の第45回衆議院議員総選挙で山中は4年前の堀江メール問題で辞職した永田の後継である黒田雄に敗れて比例復活もなく落選した。

その黒田は2012年の第46回衆議院議員総選挙で自民党新人の小林鷹之に大敗。それ以降は小林が大差での当選を続けている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 江口一雄 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 永田寿康 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 永田寿康 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 山中燁子 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 黒田雄 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 小林鷹之 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 小林鷹之 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 小林鷹之 自由民主党

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:449,998人 最終投票率:50.58%(前回比:-1.81ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小林鷹之42自由民主党108,964票
48.8%
――公明党推薦
樋口博康58立憲民主党54,035票
24.2%
49.6%
竹ヶ原裕美子46希望の党28,878票
12.9%
26.5%
上野洋嗣40日本共産党16,491票
7.4%
15.1%
藤巻健太34日本維新の会14,885票
6.7%
13.7%

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:432,033人 最終投票率:52.39%(前回比:-7.44ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小林鷹之40自由民主党118,592票
54.2%
――公明党推薦
藤巻健太31維新の党56,479票
25.8%
47.6%
小松実66日本共産党43,622票
19.9%
36.8%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小林鷹之38自由民主党100,551票
40.3%
――公明党推薦
中田敏博44日本維新の会54,123票
21.7%
53.8%
樋口博康53民主党46,883票
18.8%
46.6%
黒田雄53日本未来の党30,122票
12.1%
30.0%
入沢俊行35日本共産党17,604票
7.1%
17.5%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
黒田雄50民主党153,745票
57.1%
――
山中燁子63自由民主党89,311票
33.2%
58.1%公明党推薦
小倉忠平48日本共産党22,052票
8.2%
14.3%
矢代智康35幸福実現党4,174票
1.6%
2.7%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山中あき子59自由民主党124,261票
46.9%
――
比当永田寿康36民主党112,943票
42.6%
90.9%
佐藤健57日本共産党16,497票
6.2%
13.3%
若松繁男64社会民主党8,772票
3.3%
7.1%
脇本和夫63無所属2,401票
0.9%
1.9%×

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
永田寿康34民主党111,539票
48.4%
――
江口一雄66自由民主党93,617票
40.6%
83.9%
中嶋誠54日本共産党18,703票
8.1%
16.8%
若松繁男62社会民主党6,724票
2.9%
6.0%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
永田寿康30民主党82,074票
34.2%
――
江口一雄62自由民主党73,197票
30.5%
89.2%
富田茂之46公明党47,322票
19.7%
57.7%
中村敏夫70日本共産党32,216票
13.4%
39.3%
工藤忠次34自由連合5,216票
2.2%
6.4%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江口一雄59自由民主党75,939票
37.1%
――
仲村和平59新進党60,401票
29.5%
79.5%
森嶋丈裕28民主党34,172票
16.7%
45.0%
天木繁男53日本共産党31,862票
15.6%
42.0%
川元辰義40自由連合2,320票
1.1%
3.1%

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]