千葉県第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗千葉県第5区
衆議院小選挙区 千葉県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 市川市(およそ旧国分村大柏村の区域以外)、浦安市
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 薗浦健太郎
有権者数 451,207人
1.94 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2020年9月1日)
テンプレートを表示

千葉県第5区(ちばけんだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。(2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われた)。

区域[編集]

市川市の本庁管内は、小選挙区制になった当初は全域が第5区であったが、2002年の区割り変更で、北部の一部が千葉県第6区に編入されている。

歴史[編集]

宅地化の進んだ湾岸エリアで構成されており、千葉県の中でも無党派層の多い選挙区の一つである。中選挙区時代はオリンピック担当大臣などを歴任した自民党の有力代議士・川島正次郎が市川市出身であったことや選挙区内の松戸市に母校である専修大学の付属高校などを設置したりと絶大な影響力を有していたが、川島の死後は自民党の勢力も急速に衰え、また川島以降現在に至るまで本区域から閣僚経験者が一人も出ていないことから選挙時の情勢に左右されやすく、与野党ともに次点以下に比例復活を許さないなど票差は激しい。

第41回と42回は民主党田中甲が当選したが、第43回は民主党を離党して政党・尊命を立ち上げた田中と半年前までは千葉県議員だった民主党新人の村越祐民、元読売新聞社の記者で自民党新人の薗浦健太郎の三つ巴となったが村越が初当選した。小泉旋風で自民党が大勝した第44回は薗浦が雪辱を果たし、初めて自民党が議席を獲得した。その後、民主党が政権交代を果たした第45回は村越が当選するも自民党が政権復帰を果たした第46回以降は薗浦が連続3選している。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 田中甲 民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 村越祐民
第44回衆議院議員総選挙 2005年 薗浦健太郎 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 村越祐民 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 薗浦健太郎 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:438,691人 最終投票率:49.11%(前回比:-0.09ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
薗浦健太郎45自由民主党107,299票
51.02%
――公明党推薦
山田厚史69立憲民主党62,894票
29.91%
58.62%
岡野純子39希望の党40,115票
19.07%
37.39%

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:415,510人 最終投票率:49.2%(前回比:-8.66ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
薗浦健太郎42自由民主党105,941票
53.80%
――公明党推薦
村越祐民40民主党57,500票
29.20%
54.28%
浅野史子44日本共産党28,055票
14.25%
26.48%
石田和男77無所属5,411票
2.75%
5.11%×
  • 村越は48回選直後の市川市長選に立候補し、翌年春の再選挙で当選。

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:411,147人 最終投票率:57.86%(前回比:-5.41ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
薗浦健太郎40自由民主党81,772票
35.31%
――公明党推薦
村越祐民38民主党51,206票
22.11%
62.62%国民新党推薦
木村長人48日本維新の会39,653票
17.12%
48.49%
渡辺耕士57みんなの党28,707票
12.39%
35.11%
相原史乃38日本未来の党14,913票
6.44%
18.24%新党大地推薦
浅野史子42日本共産党12,583票
5.43%
15.39%
赤塚裕彦54無所属2,770票
1.20%
3.39%×

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:413,805人 最終投票率:63.37%(前回比:+0.89ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村越祐民35民主党127,588票
49.75%
――
薗浦健太郎37自由民主党83,422票
32.53%
65.38%公明党推薦
田中甲52みんなの党42,379票
16.53%
33.22%
佐高芳行40幸福実現党3,045票
1.19%
2.39%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:400,722人 最終投票率:62.48%(前回比:+10.73ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
薗浦健太郎33自由民主党132,691票
54.06%
――
村越祐民31民主党94,528票
38.51%
71.24%
師岡徹30日本共産党18,227票
7.43%
13.74%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:391,361人 最終投票率:51.75%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村越祐民29民主党76,671票
38.95%
――
薗浦健太郎31自由民主党64,393票
32.71%
83.99%
田中甲46政党・尊命41,883票
21.27%
54.63%
黒沢秀明65日本共産党13,919票
7.07%
18.15%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田中甲43民主党100,292票
43.48%
――
狩野勝65自由民主党80,093票
34.72%
79.86%
中嶋誠51日本共産党25,409票
11.02%
25.34%
藤原信68社会民主党18,258票
7.92%
18.20%
佐藤博美32自由連合6,610票
2.87%
6.59%
  • 第41回に立候補した中津川は東京16区へ国替えし当選している(民主党)。

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日
当日有権者数:{{{有権者}}}人

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田中甲39民主党67,032票
32.25%
――
狩野勝61自由民主党62,951票
30.28%
93.91%
中津川博郷47新進党43,682票
21.01%
65.17%
小沢剛66日本共産党25,586票
12.31%
38.17%
豊田勝彦63新社会党7,319票
3.52%
10.92%
本橋千明39自由連合1,311票
0.63%
1.96%

関連項目[編集]