千葉薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社千葉薬品[1]
CHIBAYAKU GROCERIES,inc.
Chiba Port Square 20080822 (cropped).jpg
本社が入居している千葉ポートサイドタワー
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
260-8564
千葉県千葉市都町1283[1]

千葉県千葉市中央区星久喜町1250-2

千葉県千葉市中央区問屋町1番35号ポートサイドタワー28階
設立 1960年(昭和35年)9月15日[1]
業種 小売業
法人番号 3040001004935
事業内容 保険調剤、医薬品等の販売、在宅医療、介護事業、スーパーマーケット、釣具・アウトドアスポーツ・レジャー用品等の販売
代表者

代表取締役会長神崎彰道

代表取締役社長八川昭仁
資本金 2億1000万円[1]

4億9100万円
売上高 470億円(2016年度実績)
純利益 1億8200万5000円(2019年03月31日時点)[2]
総資産 217億5881万7000円(2019年03月31日時点)[2]
従業員数 社員 1,096名
パートタイム社員 2,389名
(平成28年12月31日現在)
決算期 5月[1]
主要子会社 関連会社の項目を参照
外部リンク http://www.yacs.jp/home/
テンプレートを表示

株式会社千葉薬品(ちばやくひん)は、千葉県千葉市中央区に本社を置くドラッグストアチェーンを展開する企業。『ヤックスドラッグ』や、『スーパーマーケットヤックス』、『アタック5』などを展開している。

概要[編集]

1960年(昭和35年)に、創業者の齊藤茂昭により小規模薬局として創業した。現在では薬局(ヤックスドラッグ)以外にも、アウトドア用品(釣具)店(アタック5)や介護用品専門店の運営も行っている。グループ会社として京葉商事などがある。なお、ブランド名の『ヤックス(yac's)』とは「ヤング・アンド・クリーン("young and clean")」の頭文字を取ったものであり、「いつまでも若々しく、安全で快適に暮らすための商品やサービスを提供する」という経営理念を表している[3]。命名は心理学者の多湖輝[要出典]

沿革[編集]

  • 1960年昭和35年)(昭和35年)9月15日 - 斉藤茂昭が千葉富士見町で医薬品や雑貨の販売を開始[1]
  • 1961年(昭和36年)11月 - 千葉薬品を法人化。
  • 1965年(昭和40年)10月 - 千葉県千葉市大宮に食品スーパーを開店。30坪型。
  • 1978年(昭和53年)(昭和35年)8月 - 従来のチバヤクからヤックスへ店名を変更[1]
  • 1980年(昭和55年)4月 - アウトドア用品専門の「アタック5」のチェーン化開始。
  • 1987年(昭和62年)10月- 千葉薬品共栄会発足。
  • 1990年平成2年)10月 - 千葉県佐倉市にヤックスドラッグ佐倉店を開店。
  • 1991年平成3年) - 「雅客超級市場」(雅客とはヤックスの当て字)の名称で80年代に進出していた台湾でのスーパー3店舗を香港資本の地場スーパーチェーン、ウエルカムに売却。
  • 1997年(平成9年)4月- 星久喜物流センター稼働。
  • 2000年(平成12年)7月 - ヤックス上茂原介護支援センターを開設。
  • 2001年(平成13年)12月 - 検見川町に初のデイサービスセンターを開設。
  • 2013年(平成25年)10月 - 本部を、千葉県千葉市中央区問屋町1-35 ポートサイドタワー28階 に移転[4]

関連会社[編集]

  • 株式会社 ヤックスケアサービス
  • 株式会社 フロンティアファーマシー
  • 株式会社 マニトバ
  • 株式会社 京葉商事
  • 有限会社 ヤックス物流センター
  • 株式会社 千葉ビジネスサポート
  • 株式会社ヤックスケアサービス
  • 有限会社ヤックス物流センター

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『流通会社年鑑 1990年版』 日本経済新聞社、1990年11月24日。
  2. ^ a b 株式会社千葉薬品 第56期決算公告
  3. ^ コーポレートメッセージ|会社情報|株式会社 千葉薬品”. www.yacs.jp. 2019年8月28日閲覧。
  4. ^ 本部移転のお知らせ ヤックスグループからのお知らせ 株式会社 千葉薬品”. www.yacs.jp. 2019年8月28日閲覧。