千葉貨物駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千葉貨物駅*
駅入口
駅入口
ちばかもつ
Chiba-Kamotsu
所在地 千葉県千葉市中央区浜野町1216
駅構造 地上駅
開業年月日 1963年昭和38年)9月16日
乗入路線 2 路線
所属路線 臨海本線
キロ程 3.0km(蘇我起点)
蘇我 (3.0km)
(2.8km) (市原分岐点)►
(5.8km) 浜五井
所属路線 臨海本線(支線)
(2.8km) (市原分岐点)►
(4.4km) 京葉市原
貨物駅
*1997年平成9年)3月22日、村田駅から改称。
テンプレートを表示
千葉貨物駅

千葉貨物駅(ちばかもつえき)は、千葉県千葉市中央区浜野町1216にある京葉臨海鉄道臨海本線貨物駅である。

歴史[ソースを編集]

駅構造[ソースを編集]

地上駅。1面2線のコンテナホーム、貨車・機関車の検修区が設置されている。京葉臨海鉄道の主要駅で、京葉線へ向かう、あるいは臨海本線を当駅以南へ向かう列車の組成が行われるため構内は広い。また、かつて日本国内の貨物駅や操車場に多く設置・使用されていたカーリターダーを現在でも使用しており、これにより貨車の突放入換を行っている。なお、カーリターダーが現存し現用している施設は日本で唯一である。

かつては、川崎製鉄千葉製鉄所(現・JFEスチール東日本製鉄所千葉地区)への専用線があり、石灰石などが到着していた。

取扱う貨物の種類[ソースを編集]

駅周辺[ソースを編集]

隣の駅[ソースを編集]

京葉臨海鉄道
臨海本線
蘇我駅 - 千葉貨物駅 - (市原分岐点) - 浜五井駅
臨海本線(支線)
千葉貨物駅 - (市原分岐点) - 京葉市原駅

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “村田駅にコンテナ施設 京葉臨海鉄道 来月1日から取扱開始”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 4. (1994年11月22日) 
  2. ^ “きょう、コンテナ基地拡大出発式 京葉臨海鉄道”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 4. (1996年3月16日) 
  3. ^ “京葉臨海鉄道「村田駅」 新名称は「千葉貨物駅」”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 4. (1997年3月20日) 

関連項目[ソースを編集]