千葉陸軍戦車学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大日本帝国陸軍
War flag of the Imperial Japanese Army.svg
中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示ノート編集履歴 

千葉陸軍戦車学校(ちばりくぐんせんしゃがっこう)とは、現在の千葉県千葉市稲毛区穴川にあった大日本帝国陸軍の教育機関のひとつ。通称は戦車学校(せんしゃがっこう)。

概要[編集]

千葉陸軍戦車学校では戦車をはじめとする車両教育が行われた。1936年(昭和11年)8月に習志野騎兵学校陸軍戦車学校の名称で設置された。学校の前身は戦車第2連隊の練習部(教育・研究担当)と下士官候補者隊であり、これらが連隊から分離独立し、これに教導隊および練習隊が加わったものが学校となる。

跡地[編集]

内務省地理調査所(国土地理院の前身機関)、稲毛区役所、穴川中央公園、千葉県立京葉工業高等学校

沿革[編集]

昭和十四年, 少年戰車兵募集, 陸軍戰車學校
  • 1936年(昭和11年)8月1日 千葉県千葉郡津田沼町習志野偕行社内に陸軍戦車学校を仮設置。同日より事務を開始[1]
    • 12月1日 千葉県千葉市黒砂町に移転。同日より事務を開始[2]
  • 1939年(昭和14年)8月1日 生徒隊を設置[3][4]
    • 12月 生徒第1期生150名の教育を開始。
  • 1940年(昭和15年)12月 満州四平陸軍戦車学校が新設されたことによって千葉陸軍戦車学校と改称。
  • 1941年(昭和16年)12月 千葉戦車学校内に陸軍少年戦車兵学校が開校。
  • 1942年(昭和17年)12月 に少年戦車兵学校が富士宮市に移駐。
  • 1944年(昭和19年) 下士官候補者隊を幹部候補生隊に改編。
  • 1945年(昭和20年)3月 四平戦車学校から教官を転属させ、本土決戦要員の教育を再開。
    • 7月 学校主力(本部・教導隊)が戦車第4師団編成要員(戦車第28連隊)となり、学生教育を中止。
    • 8月 終戦を迎え解散。

教育区分[編集]

  • 教育部 甲種学生・乙種学生・丙種学生・軽装甲車学生
  • 教導隊 戦車の教育支援
  • 練習隊 軽装甲車の教育支援

歴代校長[編集]

  • 安岡正臣 少将:1936年8月1日 -
  • 田辺盛武 少将:1938年2月15日 - 1939年10月2日
  • 岡田資 少将:1939年10月14日 -
  • 井上芳正 少将:1940年9月24日 -
  • 岩仲義治 少将:1941年12月5日 -
  • 当山弘道 少将:1943年6月10日 -
  • 欠員:1944年7月8日 -
  • 来嶌則和 大佐:1944年12月22日 - 閉校

参考文献[編集]

  • 菊池俊吉 撮影『日本陸軍写真集(1) 機械化部隊の主力戦車』(グリーンアロー出版社、1994年) ISBN 4-7663-3158-3
    • 太平洋戦争戦前と戦中に、千葉戦車学校教育訓練の写真記録。
  • 菊池俊吉 撮影『日本陸軍の機甲部隊1 鋼鉄の最精鋭部隊 千葉戦車学校・騎兵学校』(大日本絵画、2008年) ISBN 978-4-499-22970-8
    • 1941年、対外宣伝グラフ誌『FRONT』の創刊に向け、陸軍の全面協力により各地の軍施設においてロケが行なわれた当時の写真約150点をネガナンバー順に一挙掲載。日本陸軍の戦車や軍用車両の生き生きとした姿と撮影時の状況を再現。

脚注[編集]

  1. ^ 「官報」第2879号、昭和11年8月6日号、p.191。
  2. ^ 「官報」第2981号、昭和11年12月8日号、p.264。
  3. ^ 国立公文書館(アジア歴史資料センター Ref.A03022383200)、勅令第485号、陸軍戦車学校ニ於ケル生徒教育ニ関スル件(昭和14年7月14日公布、8月1日施行)
  4. ^ 「官報」第3757号、昭和14年7月15日号、p.608。

関連項目[編集]