千里馬走る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
千里馬走る
各種表記
ハングル 천리마 달린다
漢字 千里馬달린다
発音 チョルリマ タルリンダ
文化観光部2000年式 Cheonrima Dalrinda
テンプレートを表示

千里馬走る」(チョルリマ・タルリンダ/チョンリマはしる、朝鮮語: 천리마 달린다)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の楽曲である。 作詞はナム・ウンソン(남응손)[1]、作曲はキム・ギルハク(김길학)。

概要[編集]

この曲は北朝鮮に於ける千里馬運動・第1次5か年計画が終了し、その後の千里馬運動・第1次7か年計画の開始に際し1960年に発表された。

「労働者が懸命に働くと経済も良くなって、祖国統一を成し遂げることができる」という内容の作品である。本作の歌詞について当時の北朝鮮の労働者は、「韓国との統一を期待します」と述べた。近年の演奏では時局を反映させ、当初の歌詞にあった「共産主義」が「社会主義」、「7か年計画」が「強盛大国建設」に差し替えられている[2]

演奏[編集]

元来、本作は功勲国家合唱団万寿台芸術団の演奏で発表された。 その後 1985年にデビューした普天堡電子楽団が曲調を軽快な電子音楽にアレンジして1993年朝鮮労働党創立記念日に演奏した他、2009年には銀河水管弦楽団も演奏した。国内でも在日朝鮮学生中央芸術競演大会の定番曲となっている。

番組での放送[編集]

朝鮮中央放送は “音楽編集物” という種類の番組で、本作の演奏法と、制作に至る経緯などの歴史を紹介していた。

出典[編集]

  1. ^ ナム・ウンソン” (韓国語). 北韓地域情報ネット. 2018年6月16日閲覧。
  2. ^ 千里馬走る(천리마 달린다)”. 朝鮮音楽の研究. 2018年6月16日閲覧。

関連項目[編集]