千野雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

千野 雅人(ちの まさと、1962年2月8日-)[1]は、日本の官僚。総務省統計局長を経て、2019年(令和元年)7月より、総務省政策統括官付国際統計交渉官。山梨県生まれ。

経歴[編集]

  • 山梨県立甲府南高等学校を卒業[2]
  • 1984年(昭和59年)03月 東京大学理学部卒業[1]
  • 1984年(昭和59年)04月 総理府採用
  • 1990年(平成02年)07月 郵政省放送行政局有線放送課課長補佐
  • 1992年(平成04年)04月 総務庁人事局参事官補佐
  • 1993年(平成05年)08月 総務庁長官官房企画課課長補佐
  • 1995年(平成07年)06月 内閣官房内閣内政審議室総括参事官補(併)総理府大臣官房内政審議室調査企画担当参事官補(~平成7年7月)
  • 1997年(平成09年)06月 総務庁統計局総務課総括課長補佐
  • 1998年(平成10年)07月 総務庁統計局統計調査部国勢統計課調査官
  • 1999年(平成11年)04月 通商産業省生活専業局総務課生活文化産業企画官(併)同局サービス産業課デザイン政策室長(~平成13年1月)
  • 1999年(平成11年)07月 通商産業省生活産業局総務課企画官(併)同局同課人間生活システム企画室長(~平成13年1月)
  • 2001年(平成13年)01月 総務省統計局統計調査部国勢統計課労働力人口統計室長
  • 2003年(平成15年)04月 日本学術会議事務局学術部情報国際課長
  • 2004年(平成16年)07月 統計局統計調査部経済統計課長
  • 2007年(平成19年)01月 統計局統計調査部国勢統計課長
  • 2009年(平成21年)07月 統計局統計調査部調査企画課長
  • 2010年(平成22年)07月 政策統括官付統計企画管理官
  • 2012年(平成24年)08月 独立行政法人統計センター理事
  • 2015年(平成27年)04月 大臣官房審議官(恩給、統計局担当)
  • 2015年(平成27年)07月 統計局統計調査部長
  • 2017年(平成29年)07月 統計局長
  • 2018年(平成30年)04月 (併)統計研修所長(~平成31年4月)
  • 2019年(令和元年)07月 政策統括官付国際統計交渉官

※省名がないものは総務省を指す

統計局長として[編集]

2018年5月24日の参議院総務委員会にて、「統計がゆがむと、政策もゆがむ。統計が乱れると、国が乱れる」と発言したことが報道された[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 内閣承認人事について
  2. ^ 毎日フォーラム・霞が関ふるさと記 山梨県 2016年12月9日 09時51分(最終更新 12月9日 09時51分) (毎日新聞)
  3. ^ [政なび]先人に学ぶ統計の重要性 2019/03/13 05:00 (読売新聞)
先代:
會田雅人
総務省統計局長
2017年 - 2019年
次代:
佐伯修司