午前0時、キスしに来てよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
午前0時、キスしに来てよ
ジャンル 恋愛漫画
漫画
作者 みきもと凜
出版社 講談社
掲載誌 別冊フレンド
レーベル 講談社コミックスプラス別冊フレンド
発表号 2015年5月号 -
発表期間 2015年4月13日 -
巻数 既刊10巻(2019年4月12日現在)
映画
監督 新城毅彦
脚本 大北はるか
音楽 林イグネル小百合
制作 C&Iエンタテインメント
製作 映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会
配給 松竹[1]
封切日 2019年12月6日(予定)
上映時間
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画 映画
ポータル 漫画 映画

午前0時、キスしに来てよ』(ごぜんれいじ、キスしにきてよ)は、みきもと凜による日本漫画[1]。『別冊フレンド』(講談社2015年5月号から連載中。コミックスは2019年4月12日現在で10巻まで刊行されている[2]

2019年第43回講談社漫画賞少女部門にノミネートされた[3](落選[4])。

2019年片寄涼太橋本環奈のダブル主演で実写映画化される予定[1]

ストーリー[編集]

真面目を絵に描いたような女子高生・花澤日奈々の夢はおとぎ話のような恋をすること。そんな夢など自分のような人間に舞い降りるはずもないと思っていたところに、日奈々が通う高校にイケメン俳優の綾瀬楓が映画撮影のために訪れたことがきっかけで、これまでの日奈々の平凡な日々の色が一気に彩られていく。

登場人物[編集]

担当声優はドラマCD版でのキャスト。

花澤日奈々(はなざわ ひなな)
声 - 雨宮天
真面目を絵に描いたような女子高生。おとぎ話のような恋をするのが目下の夢。
綾瀬楓(あやせ かえで)
声 - 梶裕貴
人気アイドルグループFANNY BONEの元メンバー。物語に出てくる王子様を体現したかのようなイケメン俳優。お尻星人。
浜辺 彰(はまべ あきら)
通称:あーちゃん。日奈々の幼なじみで日奈々の事が好き。
茂ちゃん(しげちゃん)
綾瀬楓のマネージャー。自由奔放な楓に手を焼いている。
内田柊(うちだ しゅう)
女優。楓の元恋人だが、まだどこかで楓のことを諦めきれていないところがある。

書誌情報[編集]

  • みきもと凜 『午前0時、キスしに来てよ』、講談社〈講談社コミックスプラス別冊フレンド〉、既刊10巻(2019年4月12日現在)
    1. 2015年07月13日発売、ISBN 978-4-06-341993-1[講 1]
    2. 2015年12月11日発売、ISBN 978-4-06-392023-9[講 2]
    3. 2016年04月13日発売、ISBN 978-4-06-392038-3[講 3]
    4. 2016年09月13日発売、ISBN 978-4-06-392078-9[講 4]
    5. 2017年01月13日発売、ISBN 978-4-06-392102-1[講 5]
    6. 2017年07月13日発売、ISBN 978-4-06-392120-5[講 6]
    7. 2018年01月12日発売、ISBN 978-4-06-510687-7[講 7]
    8. 2018年06月13日発売、ISBN 978-4-06-511393-6[講 8]
    9. 2018年11月13日発売、ISBN 978-4-06-513509-9[講 9]
      ドラマCD付き特装版 / 2018年11月13日発売、ISBN 978-4-06-513509-9[講 10]
    10. 2019年04月12日発売、ISBN 978-4-06-515128-0[講 11]

ドラマCD[編集]

単行本第9巻特装版に付属。

キャスト

実写映画[編集]

午前0時、キスしに来てよ
監督 新城毅彦
脚本 大北はるか
原作 みきもと凜
「午前0時、キスしに来てよ」
製作 髙木由佳
八尾香澄
出演者 片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE
橋本環奈
眞栄田郷敦
八木アリサ
岡崎紗絵
鈴木勝大
酒井若菜
遠藤憲一
音楽 林イグネル小百合
主題歌 GENERATIONS from EXILE TRIBE
「One in a Million -奇跡の夜に-」
撮影 小宮山充
編集 穂垣順之助
製作会社 映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会
配給 松竹
公開 2019年12月6日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

新城毅彦監督により映画化され、2019年12月6日に全国公開予定[5]。主演は片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈[5]

原作者のみきもとは「これまで多くの映画オファーがあったものの、実写化は難しいのではとの思いから断り続けてきたが、今回は企画に取り組んでくれた方々の熱意を受けて映画化を受けることにした」と語っている[5]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:みきもと凜「午前0時、キスしに来てよ」(講談社別冊フレンド」連載)
  • 監督:新城毅彦
  • 脚本:大北はるか
  • 音楽:林イグネル小百合
  • 主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE「One in a Million -奇跡の夜に-」
  • 製作:石原隆、大角正、角田真敏
  • プロデューサー:髙木由佳、八尾香澄
  • 共同プロデューサー:村山えりか
  • ラインプロデューサー:杉原奈実
  • 撮影:小宮山充
  • 美術:金勝浩一
  • 照明:保坂温
  • 録音:鶴巻仁
  • 編集:穂垣順之助
  • 装飾:松下利秀
  • スタイリスト:外山由香里
  • ヘアメイク:外丸愛
  • 音響効果:松浦大樹
  • スクリプター:藤島理恵
  • 助監督:中西正茂
  • 制作担当:篠宮隆浩
  • 音楽プロデューサー:剣持学人
  • 配給:松竹
  • 制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
  • 製作:映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会(フジテレビジョン、松竹、講談社

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c “片寄涼太×橋本環奈W主演『午前0時、キスしに来てよ』12月公開 芸能人と女子高生の格差恋描く”. Real Sound. (2019年4月19日). https://realsound.jp/movie/2019/04/post-350089.html 2019年4月19日閲覧。 
  2. ^ 「午前0時、キスしに来てよ」既刊・関連作品一覧”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。
  3. ^ 第43回講談社漫画賞のノミネート12作品決定、受賞作は5月10日に発表”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年4月3日). 2019年6月30日閲覧。
  4. ^ 第43回「講談社漫画賞」決定のお知らせ (PDF)”. 講談社 (2019年5月10日). 2019年6月30日閲覧。
  5. ^ a b c d “GENERATIONS片寄涼太&橋本環奈、W主演でシンデレラストーリーを実写映画化 眞栄田郷敦の出演も決定<午前0時、キスしに来てよ>”. モデルプレス. (2019年4月19日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1833876 2019年4月19日閲覧。 
  6. ^ “八木アリサ、橋本環奈の恋のライバル役に!『午前0時、キスしに来てよ』新キャスト”. シネマトゥデイ (blueprint). (2019年7月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0109800 2019年8月8日閲覧。 
  7. ^ “遠藤憲一、『午前0時、キスしに来てよ』で片寄涼太のマネージャー役に 「ときめいてください」”. Real Sound (blueprint). (2019年6月28日). https://realsound.jp/movie/2019/06/post-382166.html 2019年6月28日閲覧。 

講談社コミックスプラス[編集]

以下の出典は『講談社コミックスプラス』内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ 『午前0時、キスしに来てよ (1)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。
  2. ^ 『午前0時、キスしに来てよ (2)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。
  3. ^ 『午前0時、キスしに来てよ (3)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。
  4. ^ 『午前0時、キスしに来てよ (4)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。
  5. ^ 『午前0時、キスしに来てよ (5)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。
  6. ^ 『午前0時、キスしに来てよ (6)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。
  7. ^ 『午前0時、キスしに来てよ (7)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。
  8. ^ 『午前0時、キスしに来てよ (8)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。
  9. ^ 『午前0時、キスしに来てよ (9)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。
  10. ^ 『CD付き 午前0時、キスしに来てよ(9)特装版』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年8月13日閲覧。
  11. ^ 『午前0時、キスしに来てよ (10)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年4月19日閲覧。