半井卜養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

半井 卜養(なからい ぼくよう、慶長12年(1607年) - 延宝6年12月26日1679年2月7日))は、江戸時代前期の医師および狂歌師俳人歌人。祖父は連歌師牡丹花肖柏。名は慶友。出身は和泉国

俳諧を松永貞徳に学び、その後、医師として幕府に仕えるようになり、江戸鉄砲洲に住まいを与えられた。俳諧のほか、特に狂歌を読みその他和歌、連歌にも通じていた。

主な歌集に『卜養狂歌集』がある。