半田義之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

半田義之(はんだ よしゆき、1911年7月2日 - 1970年8月2日)は、日本小説家である。神奈川県横浜市保土ヶ谷出身。

人物[編集]

旧制前橋中学(現群馬県立前橋高等学校)中退後、国鉄の職員として働く傍ら、同人誌に創作を発表する。「文藝首都」の1939年6月号に掲載した「鶏騒動」で第9回芥川龍之介賞を受賞した。受賞後は国鉄を退職し、菊池寛が編集長だった「日本映画」の記者となる。

戦後は日本共産党に入党。国鉄の労働運動に参加し、日本共産党系の『民主文学』などに小説を発表したが、1970年に59歳で自殺した。

著書[編集]

  • 地蜂 起山房 1942
  • 綺麗な娘 東京書店 1942
  • 鶏騒動 小山書店 1942
  • 珊瑚 新太陽社 1945
  • 風葬 青柿社 1946
  • 虚無の式典 九州書房 1947 (中篇小説新書)
  • 『幸福な切符』鉄道日本社(1948年
  • 『国鉄幹線』現代社(1956年
  • 『自然の祭り』新日本出版社1964年
  • 『風太よワシにのれ』理論社1967年