半田良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

半田 良平(はんだ りょうへい、1887年明治20年)9月10日 - 1945年昭和20年)5月19日)は、日本歌人

来歴・人物[編集]

栃木県鹿沼市(深津)出身。宇都宮中学在学中に下級生の千葉省三と親交を結ぶ。短歌欄の投稿を通じて松村英一植松寿樹らと知り合い、窪田空穂を中心に結成された十月会に参加。旧制第二高等学校を経て東京帝国大学英文科を卒業。その後、空穂主宰の短歌結社である「国民文学」の中心的人物となり、中学の英語教師のかたわら短歌評論などを多く書いた。松尾芭蕉小林一茶といった江戸俳諧や、香川景樹など近世歌人を主な研究対象とした[1]アーサー・シモンズ翻訳も行った。

没後刊行された『幸木』で1949年に日本芸術院賞を受賞したが、栃木県出身の人物がこの賞を受賞するのはこれが初である[2][3]。半田は、「鹿沼が誇る偉大な歌人」と称される。2017年、半田の生誕130周年を記念し、「半田良平生誕130年記念事業実行委員会」が設立された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本国語大辞典, 美術人名辞典,デジタル大辞泉,デジタル版 日本人名大辞典+Plus,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “半田良平とは” (日本語). コトバンク. 2020年11月24日閲覧。
  2. ^ 年譜
  3. ^ 鹿沼が誇る偉大な歌人 半田良平” (日本語). www.city.kanuma.tochigi.jp. 2020年11月24日閲覧。