半田道玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

半田 道玄(はんだ どうげん、大正4年(1915年10月25日 - 昭和49年(1974年4月13日)は、囲碁棋士広島県出身、鈴木為次郎名誉九段門下、日本棋院から関西棋院所属、九段。旧名は早巳十段戦優勝、本因坊挑戦など。求道的な姿勢と、殿様碁とも言われた独特のゆったりした棋風で知られる。

経歴[編集]

広島県向島津部田生まれ、4歳で因島に移る。小学校入学頃に囲碁を覚え、1924年9歳で鈴木為次郎に入門するが、1か月で帰郷。1930年に大阪に移り、久保松勝喜代の研究会に参加するようになる。1934年入段し東京の大手合に参加。この頃、兄弟子の関山利一や、その弟子の梶原武雄らと研鑽する。1942年五段。1946年の第4期本因坊戦では予選を勝ち抜いて最終トーナメントに進出、初戦で藤沢庫之助八段に勝つが、2回戦で林有太郎七段に敗れる。1947年に肺結核岡山県の療養所に入る。1949年に六段。

1950年の関西棋院独立に参加。早巳から道玄に改名する。五、六段の頃までは、攻めの好きな豪快な碁だったが、その後は大局観に基づく悠々たる碁風となり、またヨセがうまいとも評された[1]

1956年、関西早碁名人戦で窪内秀知に挑戦し、2-1で勝って優勝。日本棋院早碁名人戦優勝の宮下秀洋との電報碁は敗れる。1959年九段。1960年、王座戦決勝で宮下秀洋を2-0で破り、タイトル獲得。1961年の第1期名人戦では、当時の11人の九段の一人として関西棋院から橋本宇太郎橋本昌二とともにリーグ参加し、7勝5敗で4位の成績を残す。1962年、本因坊戦リーグを5勝2敗で優勝し、坂田栄男に挑戦し1-4で敗れる。1963年に十段戦で橋本宇太郎に挑戦して3-1で勝利。1965年にも王座戦決勝で大窪一玄を2-0で破り、2度目の王座を獲得した。1971年にプロ十傑戦6位。

1974年、心不全で死去。病気がちで一生独身で通した。生前に書き溜めていたノートが、死後整理されて『天地の理にかなう』として出版された。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

  • 本因坊戦 挑戦者 1961年
  • 王座戦 準優勝 1957、58年
  • 十段戦 準優勝 1962年
  • プロ十傑戦 1965年8位、1966年10位、1971年6位
  • 関西棋院選手権戦 準優勝 1960年
  • 関西棋院十強戦 2位 1963年
  • 関西棋院第一位決定戦 準優勝 1957、69年
  • 名人戦リーグ3期、本因坊戦リーグ3期

対局譜[編集]

五番勝負第4局(1-26手目)
第2期十段戦挑戦手合七番勝負第4局 橋本宇太郎十段(先番)-半田道玄九段 1963年12月16-17日

第1期十段戦では、1回戦から鯛中新杉内雅男木谷實坂田栄男を破って決勝に進出し、橋本宇太郎との五番勝負では第1局に勝ったものの、その後3連敗で準優勝に終わった。第2期も、1回戦で藤沢秀行に不戦勝、2回戦から岩田達明高川格大窪一玄、挑戦者決定戦でまたしても坂田栄男を終盤の逆転で破って、橋本十段へのと挑戦者となった。

五番勝負第4局(2譜)(111-144手目)

第1局は握って半田先番、12目半勝。第2局白番2目半勝。第3局は橋本が白番中押勝で1勝を返した。第4局は、前年の第17期本因坊戦で坂田に挑戦した時の第5局で前実に宿泊した静岡市「喜久屋」で行われた。先番橋本の黒17、19に対して、白は左辺ヒラキ、または15の下にツケる手も考えられた。黒21に対し白aにオサえると黒23に引かれて、cを狙われるため、隅にこだわらずに白22から26と圧迫し、黒もdから出切って隅を取る分かれになったが、手順前後があって白がやや面白い形になった。

(2譜)下辺のコウを打ち抜いて黒1(111手目)の後、白4では2の方面の中央に打つのが妥当だった。黒5以下応じられて左辺を固めたが、そもそも白Aから隅の黒3子を取れるところなので、その手の価値を小さくした。黒13,15の時に、白18とツグ手も有力だったが、白は左辺で稼いだので、中央重視の16と打ち、黒17以下の稼ぎを許した。形勢は細かいながら黒やや有利だったが、黒165手目が疑問で、白が少し良くなり、橋本は247手目から秒読み、265手で終局、白半目勝で半田が十段位を手にした。

三番勝負第1局(51-74手目)
第13期王座戦決勝三番勝負第1局 半田道玄九段-大窪一玄八段(先番) 1965年9月15-16日

王座戦では、第5期、第6期で決勝進出するが、いずれも島村利博藤沢朋斎に0-2で敗れた。第8期に決勝で宮下秀洋を2-0で破って優勝。第13期はタイトル初挑戦となる大窪一玄を2-0で破った。第1局は先番大窪が黒1(51手目)、黒9と右辺白に圧力をかける間に、白8まで中央に勢力をたくわえ、右上白10からのサバキで左上黒との振り替わりとなった。180手完白中押勝。

著作[編集]

  • 『形勢判断と大局観 思い出の十段戦』金園社 1975年
  • 『半田道玄の覚え書きから 天地の理にかなう』齋藤謙明編 関西棋院 1990年
  • 『半田道玄打碁集』関西棋院 1990年
  • 『関山利一・半田道玄(現代囲碁大系第13巻)』日本棋院 1979年

道玄賞[編集]

関西棋院では、毎年活躍した棋士に贈る関西棋院賞(1973年創設)のうち殊勲賞部門に「道玄賞」と名付けて、その功績を称えている。

[編集]

  1. ^ 『形勢判断と大局観 思い出の十段戦』

参考文献[編集]

  • 坂田栄男『囲碁百年 3 実力主義の時代』平凡社 1969年