卒業論文代行問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

卒業論文代行問題(そつぎょうろんぶんだいこうもんだい)とは、大学卒業論文を他人が作成することである。

こうした卒業論文の代行を請け負う業者が存在しており、卒論代行業者はネットにも広告を掲載するほどありふれた存在である。 代行業者が存在する背景として、学生の就職活動が長期化して卒論作成の時間を取りづらくなったこと[1]、大学側のチェック体制の不備[2]、などが挙げられている。

卒論代行業者は、日本のみならず海外でも多数存在する[1]中国では、発覚したならば停学とするなど教育部で定められているところもある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 丸山洋平 (2011年10月21日). “利用している人もいるらしい「卒論代行サービス」”. ITmedia PC USER. 2015年11月10日閲覧。
  2. ^ 卒論代行サービスを使う学生たちの背景 大学が指導していないから? (2)”. J-CASTニュース (2007年8月20日). 2015年11月10日閲覧。
  3. ^ 中国、学位論文に不正行為があれば申請資格取り消し”. 中国人民網邦訳版 (2013年1月2日). 2015年11月10日閲覧。