卓球少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

卓球少女』(たっきゅうしょうじょ)は、篠塚ひろむによる日本漫画作品。『ちゃおデラックス』(小学館1999年夏号に掲載。篠塚ひろむのデビュー作でもある。

あらすじ[編集]

主人公、新田巴は小さい頃、幼なじみの有松幸治(通称:幸ちゃん)に近所の卓球クラブに連れて行かれ、一緒に卓球をする事に。

その結果、14歳になった巴は中学校の卓球部の部長になった。

ところが、巴に卓球を教えてくれた幸ちゃんは小学6年生終わり頃の県大会より卓球が出来なくなった。原因はコーチの鍛え方が小6にはやり過ぎだったらしい……。

登場人物[編集]

新田 巴(にった ともえ)
主人公。14歳、中学2年生。卓球部部長。卓球が出来なくなった幸治の敵討ちの為、卓球を続けている。少々弱気な性格。
有松 幸治(ありまつ こうじ)
巴と同じく14歳、中学2年生。以前は爽やかで明るい性格だったが、卓球をやめて以来、クールな性格になってしまった。