南の島のフリムン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南の島のフリムン
監督 ゴリ
脚本 ゴリ
杉山嘉一
製作 内田弦
菊井徳明
小西啓介
代情明彦
製作総指揮 橋爪健康
水上晴司
出演者 ゴリ
音楽 矢野憲治
主題歌 夏川りみ
『ウンジュの原点』
撮影 今井孝博
編集 大重裕二
配給 角川映画
公開 日本の旗 2009年8月21日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

南の島のフリムン』(みなみのしまのフリムン)は、2009年公開の日本映画

お笑い芸人のゴリの長編映画監督デビュー作品。『ドロップ』に続く、吉本興業角川映画のコラボレーションとして製作された。

「フリムン」は沖縄方言(ウチナーグチ)で「馬鹿者」の意味。

あらすじ[編集]

沖縄・コザの養豚場で働く栄昇(ゴリ)はいつも仲間とバカなことをして遊ぶ気ままな男。あるとき行きつけの ポールバーで、新人のアメリカ人ダンサーのオレンジに一目惚れする。同じく彼女に惚れた米軍兵のマックス(ボビー・オロゴン)と彼女を賭けた決闘に臨むことになる。

キャスト[編集]

挿入歌[編集]

裏話[編集]

ゴリがボビー・オロゴンに出演交渉した際に英語が話せるかどうか聞いたところ、ボビーは話せると自信満々だったため安心してキャストに入れたが、いざ撮影が始まるとボビーの英語は訛りが酷かったためエキストラのアメリカ人も聞き取れなかったとの事。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b キャスト・スタッフ - 南の島のフリムン - 作品” (日本語). Yahoo!映画. 2019年3月11日閲覧。