南ウバンギ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南ウバンギ州
Province du Sud-Ubangi
—    —
座標: 北緯3度15分 東経19度46分 / 北緯3.250度 東経19.767度 / 3.250; 19.767
 コンゴ民主共和国
設置 2015年
州都 ゲメナ
行政
 - 州知事 José Makila Sumanda
面積
 - 計 51,648km2 (19,941.4mi2)
域内順位 24位
人口 (2006年)
 - 計 2,744,345人
 - 順位 9位
言語
 - 公用語 フランス語
 - 国語 リンガラ語
等時帯 西アフリカ時間 (UTC+01:00)

南ウバンギ州(仏: Province du Sud-Ubangi)はコンゴ民主共和国北西部の。2006年2月に成立し2009年から施行されたコンゴ民主共和国憲法による。ウバンギ川の湾曲部の南に位置し、それまでの赤道州の北西部にあたる。北東に北ウバンギ州、南東にモンガラ州、南に2006年以降の赤道州、南西にコンゴ共和国リクアラ州、北西に中央アフリカロバイエ州バンギオンベラ・ムポコ州と接する。

1984年以降公式の国勢調査は行われておらず、人口値は信頼性が乏しい。2006年の大統領選挙における南ウバンギ州の有権者数は89万人で有権者総数2540万人の3.5%だった。『エスノローグ』によれば北部にウバンギ系住民、南部にバントゥ系住民が多い[1]。2009年12月に共にバントゥ系民族のロバラ人とボムボマ人(バボ人)の間で漁業資源などを巡る衝突が発生し、コンゴ共和国、中央アフリカに難民が流出した[2][3]

[編集]

  • ブジャラ
  • ゲメナ
  • クング
  • リベンゲ

都市[編集]

  • ゾンゴ

脚註[編集]

  1. ^ Languages of Democratic Republic of the Congo, 『エスノローグ』2009年版。
  2. ^ 北西部で起きた地域グループ間の戦闘で7万人が避難国境なき医師団、2009年12月11日。
  3. ^ 海外安全ホームページ、日本国外務省、2010年5月10日閲覧。

関連項目[編集]