南ルコニア礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ランドサット7号が撮影した南ルコニア礁

南ルコニア礁(みなみルコニアしょう、英語: South Luconia Shoalsマレー語: Gugusan Beting Patinggi Ali中国語: 南康暗沙)は、ボルネオ島の北方にある岩礁群である。北ルコニア礁とともにルコニア礁を形成する。南シナ海南部に位置し、南沙諸島に含められることもある。

北ルコニア礁の南12海里に位置する。東西約30海里、幅約15海里にわたって岩礁が卵形に分布しており、区域の面積は約900km2。名前の付けられた地形は6つあるが、干出するのはLuconia Breakersのみであり、他の地形は最浅で水深4.6-8.2mである[1]

マレーシア排他的経済水域(EEZ)内にあり、岩礁全体をマレーシアが実効支配している[2]

中国が2013年10月に南ルコニア礁周辺へ艦船を派遣した[3]ほか、2014年9月頃から中国海警局の船舶の侵犯が増加し、マレーシア側の無線による立ち退き要請に対しても反応がないことから、マレーシア海軍2015年6月3日にこの岩礁付近に艦船を派遣している[2]

南ルコニア礁の南にはセントラル・ルコニア・ガス田があり、採掘された天然ガスパイプラインサラワク州ビンツルに送られ、液化天然ガス(LNG)として日本にも輸出されている[4][5]

南ルコニア礁を構成する地形[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b MARITIME BRIEFING Volume 1 Number 6 - A Geographical Description of the Spratly Islands and an Account of Hydrographic Surveys Amongst Those Islands David Hancox and Victor Prescott, International Boundaries Research Unit
  2. ^ a b マレーシア、近海の中国船監視に海軍艇派遣 朝日新聞、2015年6月14日
  3. ^ 南シナ海における中国の活動 (PDF) 防衛省、2015年5月29日
  4. ^ Central Luconia Gas Field, Malaysia Geographical Names, map, geographic coordinates
  5. ^ セントラル・ルコニア・ガス田JOGMEC 石油・天然ガス資源情報 用語辞典