南九州新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南九州新聞
Minami kyushu shinbun.jpg
南九州新聞社(鹿児島県鹿屋市上谷町)
種類 日刊紙
サイズ タブロイド判

事業者 南九州新聞社
本社 鹿屋市
代表者 代表取締役 米永新人
言語 日本語
価格 月極 1950円
発行数 約5000部
ウェブサイト http://nankyu-newspaper.jp/
有限会社 南九州新聞社
本社所在地 日本の旗 日本
〒893-0061
鹿児島県鹿屋市上谷町9-5-5
設立 1955年5月21日
業種 情報・通信業
資本金 1800万円
従業員数 12人
テンプレートを表示

南九州新聞(みなみきゅうしゅうしんぶん)とは、南九州新聞社が発行する夕刊紙鹿児島県大隅半島を中心に約5000部が発行されている。

概要[編集]

日曜日祝祭日お盆年末年始は休刊となる。通常4ページ立てのモノクロ構成。3面におおすみFMネットワーク番組表が掲載される。

通常は大隅半島関連の記事が1面に掲載される。県紙の南日本新聞では扱いきれない細部の内容も記事化する(学校行事をトップ掲載するほどである)。おおすみFMネットワークの朝ワイド番組『おおすみおはようラジオ!』に当新聞の過去記事紹介コーナーがある。

会社概要[編集]

  • 所在地 - 〒893-0061 鹿児島県鹿屋市上谷町9-5-5
  • 創業日 - 1955年5月21日
  • 資本金 - 1800万円
  • 職員数 - 社員10名・従業員15名

年表[編集]

  • 1955年5月21日 - 米永代一郎が全業務を受け持ち旬刊新聞の「社会新報」として創刊。
  • 1957年5月 - 紙名を現在の「南九州新聞」に変更し日刊化される。
  • 1971年9月 - 翌年5月まで休刊。
  • 1973年5月 - 有限会社となる。
  • 1975年8月 - 現社屋に移転。
  • 1977年4月 - タブロイド判となり、ラジオ・テレビ欄を設ける。
  • 1977年10月 - ラジオ・テレビ欄を廃止する。
  • 2000年4月 - ブランケット判となり、テレビ欄が復活する。読売新聞による地域紙記事写真配信サービスを受ける。
  • 2009年9月 - タブロイド判に戻し、テレビ欄、読売新聞による記事配信サービスを廃止。