南仲通 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 > 南仲通
南仲通
—  町丁  —
神奈川県立歴史博物館
南仲通の位置(横浜市内)
南仲通
南仲通
南仲通の位置(神奈川県内)
南仲通
南仲通
南仲通の位置
座標: 北緯35度26分54.8秒 東経139度38分16.7秒 / 北緯35.448556度 東経139.637972度 / 35.448556; 139.637972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積[1]
 - 計 0.031km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 363人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 231-0006[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

南仲通(みなみなかどおり)は神奈川県横浜市中区町名[5]。現行行政地名は南仲通1丁目から南仲通5丁目(字丁目)で、住居表示は未実施[6]郵便番号は231-0006[3]。面積は0.031km2[1]

地理[編集]

横浜の関内地区に南東-北西に走る本町通り(国道133号)の南西に並行する、南仲通の両側に沿った500mほどの細長い町域を持ち、南東が1丁目となる。南東はみなと大通をはさんで日本大通に接し、北東は本町、南西は弁天通に挟まれる。各丁目の境には、1・2丁目境にベイスターズ通、2・3丁目境に関内桜通、3・4丁目境に関内大通、4・5丁目境に馬車道が横切る。1丁目には、本町とまたがって横浜市開港記念会館、弁天通とまたがって東京電力神奈川支店がある。2丁目に丸全昭和運輸本社、4丁目に横浜市認定歴史的建造物に認定された馬車道大津ビル、5丁目には神奈川県立歴史博物館がある。同博物館は1904年に竣工した、旧横浜正金銀行本店で、1964年に神奈川県が取得したうえで1967年3月20日に神奈川県立博物館として開館した。1969年には、建物が「旧横浜正金銀行本店本館」として国の重要文化財に指定された[5]。本町通りの地下には横浜高速鉄道みなとみらい線が通り、1丁目は日本大通り駅、5丁目は馬車道駅が近い。

歴史[編集]

古くは久良岐郡横浜村の一部で、1859年安政6年)の横浜港開港に際し新設され[7]、日本人居住区の一角となる。町名は、本町弁天通の間にあり、本町の南方に位置することからつけられた。当初は北西から2~5丁目が設けられていたが、1871年明治4年)に南東から1~5丁目に改められた。幕末より本町や北仲通とともに貿易や金融関連の企業や外国公館が多く進出し、1878年(明治11年)に第七十四国立銀行(横浜銀行の前身行の一つ)、1880年横浜正金銀行三菱UFJ銀行の前身行の一つ)、1895年には左右田銀行(横浜銀行の前身行の一つ)、1896年には横浜蚕糸外四品取引所の機関銀行となる横浜蚕糸銀行が開設された。1923年大正12年)の関東大震災1945年昭和20年)5月の横浜大空襲では甚大な被害を受けたが、その後の復興は早く、横浜市街の中心として発展を遂げている[8]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
南仲通1丁目 225世帯 304人
南仲通4丁目・5丁目 36世帯 59人
261世帯 363人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]

丁目 番地 小学校 中学校
南仲通1丁目 全域 横浜市立本町小学校 横浜市立横浜吉田中学校
南仲通2丁目 全域
南仲通3丁目 全域
南仲通4丁目 全域
南仲通5丁目 全域

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p1018
  6. ^ 横浜市中区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年10月23日閲覧
  7. ^ 横浜の町名』 p.74
  8. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p842
  9. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川書店1984年6月8日
  • 横浜市市民局総務部住居表示課 『横浜の町名』、1996年12月
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』 昭文社2016年、第6版、5頁。ISBN 978-4-398-62683-7。