南倉駅 (天津市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南倉
Nancang Railway Station (20160308133555).jpg
なんそう
Nancang
所在地 天津市北辰区南倉
所属事業者 中華人民共和国鉄道部(中国国鉄)
管轄鉄路局 北京鉄路局
等級 特等駅
開業年月日 1951年
乗入路線 4 路線
所属路線 京滬線
キロ程北京起点)
北倉
所属路線 津山線
所属路線 津覇線
一二九公里
所属路線 津薊線中国語版
一二九公里
テンプレートを表示
南倉駅 (天津市)
各種表記
拼音 Nancang
テンプレートを表示

南倉駅(なんそうえき、中国語: 南仓站英語:Nancang Station)は天津市北辰区南倉にある、京滬線津山線、津覇線、津薊線中国語版の接続駅であり、特等貨物輸送、列車編成センター中国語版である。主に津山線、京沪線、京九線の三大幹線と天津地区との連絡の役割を担っている[1]

歴史[編集]

1928年、京奉線に南倉駅の前身である南倉信号所が設けられた。1951年、駅になる。1979年、1等駅となり、北京鉄道局の五大列車編成センターの中の一つになる。2000年、南倉駅は全国の第4大列車編成センターになり、同時に特等駅になる。2008年8月1日、時速300キロメートルの京津都市間鉄道が南倉駅を通る。

駅の施設[編集]

隣の駅[編集]

  • 京滬線
北倉駅 - 南倉駅 - 天津西駅
  • 津山線
南倉駅 - 天津北駅
  • 津覇線
一二九公里駅 - 南倉駅 - 天津北駅
  • 津薊線
一二九公里駅 - 南倉駅 - 天津北駅

Template:天津鉄道駅一覧表

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “北京铁路局南仓站”. 《港口经济》 03期. (2006).