南回帰線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上の青線が北回帰線、中央の水色の線が赤道、下の青線が南回帰線。(ヴィンケル図法のため、緯線経線ともにゆがみがある)

南回帰線(みなみかいきせん、: Tropic of Capricorn西: Trópico de Capricornio: Trópico de Capricórnio)は、惑星衛星南半球に位置する回帰線である。本項では地球の南回帰線について述べる。

南緯23度26分22秒(-23.439444度)に位置しているが、地球の軌道系の変化に伴って毎年微妙な誤差がある。

英語などヨーロッパの言語の多くで南回帰線のことをCapricornと呼ぶが、これは、西洋占星術磨羯宮黄経270°~300°)が冬至点から始まることによる。

南回帰線が通る国と地域[編集]

南回帰線を示すモニュメント(アルゼンチン)

経度180°から東回りに並べる。

南回帰線に近い都市[編集]

関連項目[編集]

座標: 南緯23度26分22秒 西経0度0分0秒 / 南緯23.43944度 東経-0.00000度 / -23.43944; -0.00000 (本初子午線)