南夕花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南 夕花(みなみ ゆうか、1967年3月2日 - )は、日本の元女優タレント

旧芸名は渡辺夕子(旧姓[1]の本名)、南夕子。父は山城新伍、母は花園ひろみ。 本名:花沢夕子。

来歴・人物[編集]

1986年東京女子大学文理学部2年の時に、南夕子の名でポーラテレビ小説TBS系列)『夢恋し』に主演。父親の山城とは『新伍のワガママ大百科』(TBS系列、制作:毎日放送)で渡辺夕子の名で、また、『月曜ドラマスペシャル 監察医薮野善次郎6 死体は知っている』(TBS系列、原作:上野正彦、制作:松竹・TBS)では現在の南夕花の名で共演したが、父子間の仲は険悪でその後徐々に芸能活動から距離をおいた。

山城と花園の離婚が報じられた後、南自身が『婦人公論』(2000年6月号)のインタビューで「あの人を父とは呼びたくない。嘘つき・自分勝手・無神経な人なので」と山城に対して決別を述べ[2]、自らの戸籍を山城の戸籍から抜いた(分籍)。近年の出演活動は伝えられておらず、事実上の芸能活動引退状態。また、父・山城の死を巡る一連の報道でも女優活動の近況に関する報道は無かった。

山城の死後も、母・花園と同様に通夜・葬儀はおろか、お別れの会・四十九日にも参列しなかった。花園と南が葬儀に参列しなかったことに対し、山城の弟は「2人は法事でここ(会場)に来たこともある、心あれば来られたはず。実に悲しい」と述べ、山城の母も「なにより孫が一度も見舞わなかったことが残念」と落胆していた事が報じられた[3]。 (山城が事前に二人を呼ばないように言っていたことによる)

出演番組[編集]

ドラマ[編集]

バラエティー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 両親の離婚後は母が親権を持ったため。
  2. ^ コラムNo.1 “テレビなひとびと””. SHIGER.NET(放送作家・河村シゲル). 2005年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月31日閲覧。
  3. ^ “葬儀に娘参列せず…山城新伍さん親族“恨み節””. Sponichi Annex. (2009年8月19日). オリジナル2014年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140531043456/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/08/19/kiji/K20090819Z00001640.html 2014年5月31日閲覧。