南孝温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南孝温(남효온、1454年 - 1492年)は 李氏朝鮮前期の文臣。本貫は宜寧南氏、字は伯恭、号は秋江、杏雨、最楽堂、碧沙。生六臣の一人[1]。開国功臣南在の子孫で、兵曹判書南怡領議政南袞、文臣南褒の縁戚にあたる。

生涯[編集]

世祖が幼い端宗を追い出した事が常に気にかけ、夢に端宗の母顕徳王后が現われ、息子を殺したことを責め、世祖が移転させた顕陵(顕徳王后の御陵)の復位を上訴した。しかし任士洪・鄭昌孫に阻まれ、志を果たせずと、世を捨て、流浪生活で人生を終えた。

死後1504年に、甲子士禍時金宗直の門人[1]廃妃尹氏の復位を主張したことから剖棺斬屍なった。著書《六臣伝》は、粛宗時刊行された。中宗(1513年) 時、昭陵復位が実現すると名誉回復されて左承旨を追贈されたし、1782年また吏曹判書に追贈された。

学問[編集]

洪裕孫、鄭希良と同じく金宗直、金時習の弟子であった。領議政南在の5代孫であり。金宗直門下で金宏弼・鄭汝昌などとともに修学し、朱渓副正・李深源・安応世などと親交を結んだ。

特に36歳 (1489年)十時に、関西地方を旅行し、平壌で詠んだ〈檀君墓謁見〉という詩が知られる。

檀君生我靑丘衆 / 教我彝倫浿水邊 / 採藥呵斯今萬世 / 至今人記戊辰年

戊辰年とは檀君が建国した紀元前2333年である。この詩は檀君に対する賛美であり、関西地方の古朝鮮高句麗高麗などの遺跡地を踏破して、民族の自負心と矜持を現わした。檀君墓に対する論難で当時(1489年前後)平壌にあったという檀君墓に関心が集められていたからである。[2]

家族[編集]

  • 曽祖父 : 南簡
    • 祖父 : 南俊
    • 祖母 : 姜碩徳の娘
      • 叔父 : 南悌
      • 叔父 : 南慄
        • いとこ : 南孝純
      • 父 : 南恮
      • 母 : 李谷の娘
        • 妻 : ?
          • 息子 : 南충세
          • 壻 : 任誠
          • 壻 : 이온언(한산군 이손의の三男)
          • 孫娘(남충세の娘)壻:유관(左議政 유홍을の父)
          • 孫娘(남충세の娘)壻:이강(한산군 이손의の孫)

이강の長男이준인の娘が左議政유홍의の妻

著書[編集]

  • 《秋江冷話》
  • 《六臣傳》
  • 《睡鄕記》
  • 《秋江集》
  • 《師友名行錄》
  • 《高談詭說》
  • 《神論》

脚注[編集]

  1. ^ a b 한국역대인물종합정보시스템
  2. ^ . http://www.pressian.com/article/article.asp?article_num=40071005105305&Section= 

この記述には、ダウムからGFDLまたはCC-SAで公開される百科事典『グローバル世界大百科事典』をもとに作成した内容が含まれています。