南安城駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南安城駅
駅舎(2019年3月)
駅舎(2019年3月)
みなみあんじょう
MINAMI ANJŌ
GN01 北安城 (1.4km)
(1.7km) 碧海古井 GN03
所在地 愛知県安城市安城町的場41-3
駅番号 GN  02 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 西尾線
キロ程 4.0km(新安城起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
5,026人/日
-2017年-
開業年月日 1926年(大正15年)7月1日
西尾線
安城支線

安城 (1.1km)


キロ程:0.0km(南安城起点)
廃止年月日:1961年昭和36年)7月30日
テンプレートを表示

南安城駅(みなみあんじょうえき)は、愛知県安城市安城町的場にある、名古屋鉄道西尾線である。駅番号はGN02

名鉄の駅では安城市中心部に最も近い駅で、西尾線の全列車が停車する。安城学園高校、安城生活福祉高等専修学校の最寄り駅であり、朝夕は高校生で賑わう。終日有人駅であったが、2007年、駅集中管理システム(管理は西尾駅)により無人化された。

歴史[編集]

駅構造[編集]

6両編成対応の相対式2面2線ホームを持つ高架駅。改札と多機能トイレは1階にあり、トイレは中2階にある。バリアフリー化に伴い、駅構内部分が1階まで拡張された。長らくバリアフリー非対応であったが、2019年3月にエレベーター新設、ホームの嵩上げが実施され、待合室も改築された。

分岐器はスプリングポイントで列車は必ず左側通行となる。現在、標準ダイヤでは急行と普通がすれ違う。吉良吉田行きは遅れることも多く、その際はすれ違う普通新安城行きにも影響が出る。

のりば
番線 路線 方向 行先
1 GN 西尾線 上り 新安城名鉄名古屋方面[3]
2 下り 西尾吉良吉田方面[3]

配線図[編集]

南安城駅 構内配線略図

新安城・
名古屋方面
南安城駅 構内配線略図
西尾・
吉良吉田方面
凡例
出典:[4]


利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は4,481人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中94位、 西尾線・蒲郡線(23駅)中3位であった[5]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は4,724人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中98位、 西尾線・蒲郡線(24駅)中2位であった[6]
  • 『愛知県統計年鑑』によると2010年度の1日平均乗車人員は1,931人[7]である。

2007年に無人化されたが、その後利用者は伸び続け、有人の桜井駅よりも利用者は多い。

2016年以前の1日平均乗降人員は下表の通り。

年度 1日平均
乗降人員
2007年 3,943[8]
2008年 3,962[8]
2009年 3,777[8]
2010年 3,894[8]
2011年 3,992[8]
2012年 4,220[8]
2013年 4,481[8]
2014年 4,502[8]
2015年 4,742[8]
2016年 4,861[8]
2017年 5,026[8]

駅周辺[編集]

西側にロータリーがあり、北西の安城駅方面に向かって歩道にアーケードが設けられた商店街がのびている。一方、南には愛知県道48号岡崎刈谷線が通っている。

バス路線[編集]

安城市が運営するコミュニティバス。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
GN 西尾線
特急急行
新安城駅 (NH17) - (一部の急行は北安城駅 (GN01)) - 南安城駅 (GN02) - (一部の急行は碧海古井駅 (GN03)) - 桜井駅 (GN05)
普通
北安城駅 (GN01) - 南安城駅 (GN02) - 碧海古井駅 (GN03)
安城支線(廃止)
安城駅 - 南安城駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 寺田裕一『改訂新版 データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2013年、255頁。ISBN 978-4777013364。
  2. ^ 2018 年度 名古屋鉄道 設備投資計画”. 名古屋鉄道. 2019年4月1日閲覧。
  3. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2019年3月24日閲覧
  4. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  5. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  6. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  7. ^ 平成24年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  8. ^ a b c d e f g h i j k '17 安城の統計”. 安城市. 2018年11月17日閲覧。

関連項目[編集]