南宮括

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

南宮 括(なんきゅう かつ、生没年未詳)は、中国春秋時代儒学者である。孔子の弟子の一人。孔子の門人で才能があった七十子の一人に数えられる。

名称[編集]

史記』仲尼弟子列伝によると、南宮子容であった。

南宮括の名称は文献によってさまざまに書かれる。『論語』憲問篇では名を(かつ)とし、『論語』の他の箇所では南容と呼ばれている。『孔子家語』七十二弟子解では名を(とう)としている。『史記索隠』の引く『孔子家語』および『礼記』檀弓上では名を(とう)とする。

なお、同名の南宮括(または适)という人物が西周の功臣にもいる。

南宮敬叔との関係[編集]

『礼記』の鄭玄注で、「南宮縚は孟僖子の子の南宮閲である」と言っている[1]。南宮閲(仲孫閲、南宮敬叔)と南宮括の同一人物説はその後も『史記索隠[2]朱子『論語集注』[3]で繰り返し述べられているが、この説ははなはだ疑わしく、崔述が反論している[4]

逸話[編集]

『論語』公冶長篇、先進篇、および憲問篇に登場する。

憲問篇ではである孔子に「羿は弓がうまく、奡[5]は船を動かすほどの力を持っていたのに非業の死をとげました。それに対して伝説上の祖である后稷は、農耕を続けて天下を獲りました」と言った。孔子は南宮括に対して終始無言であったが、南宮括が帰った後に「南宮括は君子にふさわしいを持ち合わせている」と評している。

公冶長篇では、孔子が南宮括を評して、「国に道があるときは捨てられることはなく、国に道のないときにも刑罰によって殺されることがない」と言っている。

孔子はその兄の娘を南宮括に嫁がせた。

脚注[編集]

  1. ^ 『礼記』檀弓上「南宮縚之妻之姑之喪」鄭注「南宮縚、孟僖子之子、南宮閲也。」
  2. ^ 『史記』仲尼弟子列伝「南宮括、字子容。」索隠「『家語』作南宮縚。按、其人是孟僖子之子、仲孫閲也。蓋居南宮、因姓焉。」
  3. ^ 『論語集注』公冶長「南容、孔子弟子。居南宮。名縚、又名适、字子容、謚敬叔。孟懿子之兄也。」
  4. ^ 崔述 「洙泗考信余録」『崔東壁先生遺書』、1903年
  5. ^ 寒浞玄妻のあいだの子

関連項目[編集]