南山 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南山交差点

南山(みなみやま)は、名古屋市瑞穂区昭和区の地域。

概要[編集]

地域としては南山町、汐見町、五軒家町が該当する。地域内は緑が多く閑静な高級住宅街として知られる地域の一つである。

南山は、名古屋新田頭・小塚源兵衛の支配する山々で、持ち主の名から白林寺山、新豊寺山、飯島山などと呼ばれていたが、飯田街道国道153号)の南にあったことから総称して「南山」と呼ばれるようになった[1]1931年(昭和6年)、南区弥富町、中区広路町の一部が中区南山町となった。1937年昭和区となり、1944年瑞穂区に編入された[1]

学校法人南山学園の名称は南山に由来し、読み方を「なんざん」としたのは、その語感と中国詩経などにある「南山」に繁栄の意図を込めたからとされている。

マンションやビルの一部では「なんざん」と読むものもあるが、地名としては「みなみやま」と読む。

主な施設[編集]

主要道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『角川日本地名大辞典 23 愛知県』 角川書店、1989年 1293頁。

関連項目[編集]