南摩紀麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

南摩 紀麿(なんま のりまろ、‐1936年)は、日本の柔道家。四段。

背負落の創始者として知られ、その背負投とも異なる独特の技法は、『南摩落』とも呼ばれた。講道館の創始後の発展期に活躍した。

著書[編集]

  • 『柔道正解』(大阪屋号書店、1928年[1]

脚注[編集]