南新義州駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南新義州駅
남신의주
ナムシニジュ
South Sinuiju
所在地 朝鮮民主主義人民共和国の旗平安北道新義州市
所属事業者 朝鮮民主主義人民共和国鉄道省
駅構造 2面2線
ホーム 地上駅
開業年月日 1938年10月1日
乗入路線 3 路線
所属路線 平義線京義線
キロ程 平壌起点)
楽元 (3.1km)
(5.2km) 新義州青年
所属路線 白馬線
キロ程 39.6km(塩州起点)
石下 (2.6km)
所属路線 徳峴線
キロ程 (南新義州起点)
(6.1km) 正門里
テンプレートを表示
南新義州駅
各種表記
ハングル 남신의주역
漢字 南新義州驛
発音 ナムシニジュヨク
日本語読み: みなみしんぎしゅうえき[1][注 1]
英語 South Sinuiju Station
テンプレートを表示

南新義州駅(ナムシニジュえき)は朝鮮民主主義人民共和国平安北道新義州市にある、朝鮮民主主義人民共和国鉄道省である。

乗り入れ路線[編集]

平義線白馬線徳峴線の3路線が乗り入れている。

歴史[編集]

1938年10月1日、京義線の南新義州信号所として開設。1939年11月8日、多獅島鉄道が楊市駅との間に開業した。1943年10月16日、京義線南新義州駅となった。

平義線の旧線である白馬線が平義線に合流する駅である。また新義州市の南にある事から駅名は命名された。

隣の駅[編集]

朝鮮民主主義人民共和国鉄道庁
平義線
楽元駅 - 南新義州駅 - 新義州青年駅
白馬線
石下駅 - 南新義州駅
徳峴線
南新義州駅 - 正門里駅

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 朝鮮・台湾』(新潮社、2009年)所収の「駅名一覧」によると、日本統治下において「南新義州」は「みなみしんぎしゅう」と読まれた。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本鉄道旅行地図帳 朝鮮・台湾』 新潮社2009年
  • 国分隼人 『将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情』 新潮社2007年1月20日

関連項目[編集]