南条宗勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
南条宗勝
時代 戦国時代
生誕 明応6年(1497年)?
死没 天正3年(1575年
改名 虎熊(幼名)→国清→元清→宗勝(入道号)
別名 勘兵衛尉(通称)、豊後守、豊前守?、紀伊守?
戒名
  • 慈雲院殿澤翁宗勝大居士
  • 故豊前守沢叟宗勝大居士
主君 尼子晴久大内義隆毛利元就輝元
氏族 南条氏
父母 父:南条宗皓
兄弟 宗勝、元信、信正宗信
元続小鴨元清元秋、行衛姫

南条 宗勝(なんじょう むねかつ)は、戦国時代武将伯耆羽衣石城主。なお宗勝は入道号である。実名については宗元あるいは宗光とも伝えられていたが、近年の研究により、実名は国清といい、のちに元清と改めていたことが判明した。

生涯[編集]

7代当主・宗皓の子として生まれる。生年に関する確実な史料は存在しないが、『羽衣石南条記』によれば永正11年(1514年)、父・宗皓の死去に伴い18歳で家督を継いだといい、逆算して明応6年(1497年)頃の出生かと思われる。ただ、宗勝以前の南条氏に関しては関係資料が乏しいため、不明な点が多く、一部の系図[1]では宗勝の父を紀伊守某と記しているものも存在する。

天文年間、尼子氏伯耆侵攻により尼子氏の傘下に入り、天文9年(1540年)9月には尼子氏の郡山城攻撃に参加した。しかし3年後の天文12年(1543年)には大内義隆月山富田城攻めに「尼子公叛将」として大内軍に参加、大内氏を経てそれ以後は毛利氏の下へ属した。天文15年(1546年)には但馬山名氏の支援で橋津川の戦いを起こすなど各地の反尼子勢力と手を結び、反尼子の一翼を担う働きを為した。

また、天文16年(1547年)~17年(1548年)にかけて因幡国に滞在していたことが分かっている(『真継文書』所収「年不詳4月8日付南条国清書状」など)。その後、事情は不明であるが、武田国信の勧めで美作国大原の地へと移り、さらに播磨国にまで移ることを示唆している。これ以降の足取りは不明であるが、伯耆を離れた後は各地の武将に援助されながら、周辺諸国を転々としていたと見られ、以後約20年間近く帰国は叶わなかったと思われる。その後、毛利氏の支援を受けた宗勝は永禄5年(1562年)の夏、羽衣石城を奪回、約20年ぶりに所領を回復することに成功した。

帰国後は毛利元就らの容認の下、東伯耆の国人衆を家臣団に組み込み、南条氏を山陰地方東部で最大の国人勢力に発展させた。永禄6年(1563年)には久米郡の光孝寺において大規模な父の法要を営み、各地の寺社の所領を安堵するなど民心の安定に務めた。永禄12年(1569年)には毛利氏の九州遠征に加わり、筑前国などへ出陣した。同年秋には伯耆に急遽帰国し、各地へ侵攻した尼子勝久らの軍勢と戦った。元亀元年(1570年)、剃髪して宗勝と号し、嫡子・又四郎元続に家督を相続させたと伝えられているが、実際には永禄7年(1564年)8月以前には剃髪し、宗勝と名乗り始めたようである[2]。その後も終始毛利氏の境目地域における要の役割を担い、毛利氏の協力者として活躍した宗勝だったが天正3年(1575年)10月14日前に急死した。

なお、死因に関して尾高城主・杉原盛重に毒殺されたとの説が存在するが、これは江戸時代に書かれた『伯耆民諺記』などに見えるものであり、史料的裏付けはなく、現在では否定されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『系図綜覧』下巻所収「南条氏系図」、「諸家系図類」山田府生差出「南条系図」。後者の系図では宗勝の父を「繁之 紀伊守伯耆一州守護代」と記している。
  2. ^ 元亀元年に剃髪したとする説は後世になって編纂された『羽衣石南条記』によるものである。一方、宗勝が生きていたのと同時代の史料には、すでに「宗勝」の名が確認されている。(『山田家古文書』所収「永禄7年8月2日付毛利元就書状写」)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 鳥取市『新修鳥取市史 第一巻』1983年
  • 高橋正弘『因伯の戦国城郭 通史編』自費出版、1986年
  • 高橋正弘『山陰戦国史の諸問題 上』自費出版、1993年
  • 東郷町誌編纂委員会『東郷町誌』東郷町、1987年
  • 東郷町教育委員会『羽衣石城址 鳥取県東郷町羽衣石城跡遺跡調査報告書』1993年
  • 新編倉吉市史編集委員会『新編倉吉市史 第2巻 中・近世編』倉吉市、1995年
  • 財団法人国府町教育文化事業団『山崎城史料調査報告書』2003年
  • 鳥取県公文書館県史編さん室編『鳥取県史ブックレット4 尼子氏と戦国時代の鳥取』鳥取県、2010年
先代:
南条宗皓
伯耆南条氏第8代当主
???? - 1575年
次代:
南条元続