南橘町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 群馬県 > 前橋市 > 南橘町
南橘町
南橘町の位置(群馬県内)
南橘町
南橘町
北緯36度25分34秒 東経139度3分48秒 / 北緯36.42611度 東経139.06333度 / 36.42611; 139.06333
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 群馬県旗 群馬県
市町村 前橋市の旗 前橋市
面積
 • 合計 0.1km2
人口
2017年(平成29年)8月31日現在)[1]
 • 合計 1,340人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
371-0043[2]
市外局番 027[3]
ナンバープレート 前橋

南橘町(なんきつまち)は、群馬県前橋市の地名。郵便番号は371-0043[2]。2013年現在の面積は0.1km2[4]

地理[編集]

前橋市営の南橘団地が整備されたときに日輪寺町荒牧町青柳町に跨る地域を独立させた地域。北は日輪寺町に、西は荒牧町に、東と南は青柳町に接する。ほぼ全域が団地となっており、前橋市営団地、群馬県営団地と一部分譲住宅地に区分けされており、町の外周道路が町域の境目になっている。

歴史[編集]

1962年青柳町日輪寺町荒牧町の各一部が合併して成立した地名である。1947年に発生したカスリーン台風により、赤城白川沿いに発生した山津波がこの地域まで達し、大量の土砂が堆積した。そのため、それ以前から農業の生産性が低かったこの地域が一層生産性が低くなってしまっていたが、これが住宅地化を容易にしたため、県内で一番早く本格的な住宅団地が1961年から1970年にかけて建設された。

年表[編集]

  • 1962年 青柳町、日輪寺町、荒牧町の各一部が合併して成立した。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
南橘町 674世帯 1,340人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
全域 前橋市立桃川小学校 前橋市立南橘中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

鉄道駅はない。

バス[編集]

道路[編集]

国道県道ともに通っていないが、近隣に国道17号が通っている。

施設[編集]

  • 南橘団地
    • 南橘市営住宅
    • 南橘県営住宅

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 人口及び世帯数 - 町別住民基本台帳人口表”. 前橋市 (2017年9月5日). 2017年9月15日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 第2章 人口 Archived 2016年5月13日, at the Wayback Machine. - 前橋市 2017年04月02日閲覧。
  5. ^ 前橋市立小学校・中学校通学区域”. 前橋市 (2017年4月24日). 2017年9月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 10 群馬県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1988年7月8日(日本語)。ISBN 4-04-001100-7。