南武平町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 中区 > 南武平町
南武平町
南武平町の位置(愛知県内)
南武平町
南武平町
南武平町の位置
南武平町の位置(名古屋市内)
南武平町
南武平町
南武平町の位置
北緯35度9分57.1秒 東経136度54分39.1秒 / 北緯35.165861度 東経136.910861度 / 35.165861; 136.910861
日本の旗 日本
都道府県 愛知県の旗 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
中区
町名廃止 1969年10月21日
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
ナンバープレート 名古屋

南武平町(みなみぶへいちょう)は、愛知県名古屋市中区にあった地名。現在の四丁目・栄五丁目の各一部に相当する。 1丁目から5丁目が設定されていた[1]

地理[編集]

名古屋市中区中央部に位置していた。東は七曲町・大坂町3丁目・池田町松島町、西は南久屋町1丁目~3丁目・大阪町2丁目・月見町、南は東陽町2丁目・3丁目、北は新栄町1丁目・2丁目に接していた。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

武平町という町名は清洲越しの際、普請奉行松井武兵衛が屋敷を構えたことから武兵衛町(のち武平町)と称したものである[2]。当地はその伝馬町筋以南にあたる[3]

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 福岡清彦 1976, p. 27.
  2. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1185.
  3. ^ a b c d e f g h i j k 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1292.
  4. ^ 沿革” (日本語). 学校法人 名古屋学院 名古屋中学校・高等学校. 2016年6月17日閲覧。
  5. ^ 名古屋市会事務所 1963, p. 185.

参考文献[編集]

  • 『名古屋市会史 別巻第2 総合名古屋市年表(大正編)』名古屋市会事務所、名古屋市会事務所、1963年3月10日(日本語)。全国書誌番号:49011382
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年。ISBN 4-04-001230-5。
  • 福岡清彦『中区の町名』名古屋市中区役所、1976年。

関連項目[編集]