南津電気鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

南津電気鉄道(なんしんでんきてつどう)は、かつて東京府南多摩郡由木村(現・東京都八王子市)大字鑓水に本社を置いていた鉄道事業者である。

歴史[編集]

1927年(昭和2年)に計画された鉄道は、多摩一ノ宮(現在の多摩市)から、鑓水、横浜線相原を経て当時の津久井郡川尻村まで結ぶもので、多摩一ノ宮からは京王線で都心に接続させる計画であった。南多摩と津久井の文字を取って「南津電気鉄道」と名づけられた、主な目的は南多摩の開発や相模川の良質な砂利や津久井の木炭などを東京に搬出するためであった。

鑓水に2階建ての本社が置かれ、基礎工事も始まったものの、世界恐慌による絹糸相場の暴落に養蚕の不振が重なったため資金繰りが難しく困難になり、1930年(昭和5年)に「南津電気鉄道株式会社」は倒産し、計画も立ち消えとなった。

現在、八王子市鑓水にある「絹の道資料館」の前の道を北西に200mほど進んだ場所に「鑓水停車場」と刻まれた石の道標がある。

年表[編集]

  • 1924年(大正13年)12月3日 - 東京府南多摩郡由木村大字鑓水永泉寺にて南津電気鉄道設立集会が開かれる[1]
  • 1925年(大正14年)9月25日 - 鉄道敷設免許却下(理由 本出願線ハ目下ノ交通状態ニ於イテ敷設ノ必要ナキモノト認ム 鉄道大臣仙石貢[2]
  • 1926年(大正15年)11月20日 - 鉄道省より敷設免許(南多摩郡多摩村-津久井郡川尻村間)を取得[3][4]
  • 1927年(昭和2年)
    • 1月18日 - 国分寺延長線(多摩一の宮駅-間島駅間)敷設免許申請。
    • 9月27日 - 南津電気鉄道株式会社設立[5][6]
    • 12月27日 - 鉄道免許交付[7]
  • 1928年(昭和3年)10月21日 - 鑓水の本社前および相模川尻駅予定地にて起工式が執り行われる[8]
  • 1929年(昭和4年)5月 - 資金繰りの悪化によって工事が中断[9]
  • 1933年(昭和8年)
    • 3月29日 - 鉄道免許失効(多摩一の宮駅-間島駅間)[7]
    • 8月17日 - 鉄道免許失効(相模川尻駅-多摩一の宮間)[10]
    • 8月18日 - 株主総会が行われ会社解散の決議が行われる[11]
  • 1934年(昭和9年)6月5日 - 鉄道省より会社解散の許可が下りる[3]

敷設予定駅一覧[編集]

相模川尻駅 - 相模相原駅 - 鑓水駅 - 由木中野駅 - 多摩一の宮駅 - 間島駅[12]

脚注[編集]

  1. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』98頁
  2. ^ No.4「南津電気鉄道敷設願却下ノ件」『第十門・地方鉄道及軌道・六、敷設請願却下・巻八・大正十四年』2頁(国立公文書館デジタルアーカイブで閲覧可)
  3. ^ a b 「鉄道起業廃止許可」『官報』1934年6月8日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1926年11月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第38回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』115頁
  7. ^ a b 「鉄道免許失効」『官報』1933年3月29日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  8. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』135頁
  9. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』150頁
  10. ^ 『鉄道統計資料. 昭和8年度 第3編 監督』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』166頁
  12. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』132頁

参考文献[編集]

  • サトウマコト『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』230クラブ、1999年

関連項目[編集]