南港軟体園区駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南港軟体園区駅
駅舎東側と出入口(2011年2月26日撮影)
駅舎東側と出入口(2011年2月26日撮影)
南港軟體園區
ナンガンルァンティーユェンチュー
Nangang Software Park -
所在地 台湾台北市南港区経貿二路183号
所属事業者 台北大衆捷運股份有限公司
台北捷運
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,701人/日
-2011年[1]-
開業年月日 2009年7月4日
乗入路線 1 路線
所属路線 Taipei Metro Line BR.svg内湖線
駅番号 BR23
東湖(BR22)►
テンプレートを表示
南港軟体園区駅
各種表記
繁体字 南港軟體園區站
簡体字 南港软体园区站
拼音 Nángǎng Ruǎntǐ Yuánqū Zhàn
注音符号 ㄋㄢˊ ㄍㄤˇ ㄖㄨㄢˇ ㄊㄧˇ ㄩㄢˊ ㄑㄩ ㄓㄢˋ
発音: ナンガンルァンティーユェンチューヂャン
台湾語白話字 Lâm-káng Nńg-thé Hn̂g-khu Chām
日本語漢音読み なんこうなんたいえんくえき
英文 Nangang Software Park Station
テンプレートを表示

南港軟体園区駅(なんこうなんたいえんくえき)は台湾台北市南港区に位置する台北捷運内湖線駅番号は(BR23)である。淡水線大安森林公園駅高雄捷運高雄国際機場駅と並び台湾では最も長い駅名である。なお、「軟体」は中国語ソフトウェアのことを指す。南港ソフトウェアパーク駅[2]とも言う。

利用可能な鉄道路線[編集]

駅構造[編集]

駅階層[編集]

地上
三階
跨線橋 ホーム連絡通路、機械室
地上
二階
相対式ホーム、車両右側のドアが開閉する
1番線 Taipei Metro Line BR.svg内湖線南港展覧館方面へ南港展覧館駅
2番線 Taipei Metro Line BR.svg 内湖線動物園方面へ東湖駅
相対式ホーム、車両右側のドアが開閉する
コンコース コンコース、案内所、自動券売機自動改札機エスカレーター、トイレ(改札外駅北側)2番線ホームと直通
地面 出入口 出入口

駅出口[編集]

2つの出口ともに駅の北側である。出口1は駅の西端、出口2は駅の東端。

  • 出口1:南港軟体園区 身障者用エレベーター
  • 出口2:経貿一路 身障者用エレベーター
  • 中信金融園区出口:經貿二路を渡るスカイウォークがあり、中信金融園区ビルに直結している。

利用状況[編集]

年間利用客数 1日平均
乗車 下車 乗降計 乗車 乗降
2009 69,111 66,682 135,793 382 750 [3]
2010 189,316 186,585 375,901 519 1,030
2011 308,163 312,792 620,955 844 1,701
2012 340,705 346,471 687,176 931 1,878
2013 391,248 398,057 789,305 1,072 2,162
2014 495,743 501,588 997,331 1,358 2,732
2015 1,200,524 1,153,195 2,353,719 3,289 6,449
2016 1,448,211 1,370,876 2,819,087 3,957 7,702
2017 1,579,081 1,492,308 3,071,389 4,326 8,415
2018 1,676,622 1,588,439 3,265,061 4,593 8,945

駅周辺[編集]

南港ソフトウェア園区の員工通勤駅として建設された駅である。園区の整備進捗とどもに、周縁に更地状態のままの未開発地がまだ多い。

  • 南港ソフトウェア園区(南港軟体園区) - 駅名の由来。
  • 台北捷運内湖機廠(車両基地
  • YouBike台北市公共自転車中国語版)捷運南港軟体園区駅(2号出口)

歴史[編集]

計画段階の駅名は経貿北站と仮称。

隣の駅[編集]

台北捷運
Taipei Metro Line BR.svg 内湖線
南港展覧館駅 (BR24) - 南港軟体園区駅 (BR23) - 東湖駅 (BR22)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 臺北捷運各站旅運量、台北市政府交通局、2012年1月31日
  2. ^ 路線図及び各駅情報、台北捷運公司。
  3. ^ (繁体字中国語)臺北捷運公司 (2019年2月26日). “臺北捷運各站進出人次-年 依 年別, 入出站別 與 項目”. 2019年6月29日閲覧。 臺北市統計資料庫查詢系統