南相馬鹿島サービスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南相馬鹿島サービスエリア
左:トイレ施設、右:セデッテかしま
左:トイレ施設、右:セデッテかしま
所属路線 E6 常磐自動車道
本線標識の表記 南相馬鹿島
起点からの距離 257.7 km(三郷IC/JCT起点)
南相馬IC (6.5 km)
(7.9 km) 相馬IC
供用開始日 2015年2月21日
通行台数 x台/日
上り線事務所 8:00-20:00
上り線GS Shell
24時間
下り線事務所 8:00-20:00
下り線GS Shell
24時間
所在地 979-2541
福島県南相馬市鹿島区小山田・浮田
備考 SAは上下線集約
テンプレートを表示
奧:スマートIC、中央左:神社、右手前:ドッグラン

南相馬鹿島サービスエリア(みなみそうまかしまサービスエリア)[1]は、福島県南相馬市常磐自動車道にあるサービスエリアである。スマートインターチェンジが併設されている[2]

概要[編集]

  • 2008年(平成20年)8月7日までにNEXCO東日本が当SAの設置決定を南相馬市長に報告。完成時には上下線集約型となり、一般道からは施設を利用できる計画となっている[3]
  • 福島県内の常磐自動車道では唯一のサービスエリアである。スマートICと駐車場・トイレ・ガソリンスタンドは、2015年(平成27年)2月21日に供用開始[4][5]。市の整備する物販観光施設「セデッテかしま」は、同年4月25日にオープンした[6]
  • 予定地は共有地が多く、用地確保の障害となっていたが、地元の地縁団体が所有できるよう相馬簡易裁判所提訴。2008年(平成20年)3月には所有権が確認された。
  • サービスエリアは一般的に約50km間隔で設置されているが、当SAは中郷SAから100km以上離れた位置に設置されている。
  • 建設予算は18億3,600万円(税込価格)。
  • 「セデッテかしま」には、南相馬市はもとより相双地方の物産、観光及び伝統文化など多様な地域情報発信を行い、地域産業の振興、地域活性化及び交流機会の創出を図ることを目的に設置されている。施設内には、相馬野馬追や観光情報などを紹介する「エントランスホール」を始め、地域の食材を生かした「お食事処」、農産物や地域ならではの逸品・珍品を取り揃えた「お土産処」、地域行事やイベントの実施・休憩スペースとして利用できる「コミュニティ広場」を備える。テイクアウトコーナーとして、地域のお店が3店舗出店している。

歴史[編集]

施設[編集]

上下線集約[編集]

上り線(三郷・水戸・いわき方面)[編集]

  • 駐車場
    • トレーラー 2台
    • 大型 20台
    • 小型 30台

下り線(仙台・石巻方面)[編集]

  • 駐車場
    • トレーラー 2台
    • 大型 20台
    • 小型 30台

南相馬鹿島スマートインターチェンジ[編集]

南相馬鹿島スマートインターチェンジ
所属路線 E6 常磐自動車道
IC番号 22-1
料金所番号 04-129
起点からの距離 257.7 km(三郷IC/JCT起点)
南相馬IC (6.5 km)
(7.9 km) 相馬IC
接続する一般道 福島県道34号相馬浪江線
供用開始日 2015年2月21日
通行台数 x台/日
所在地 979-2541
福島県南相馬市鹿島区小山田・浮田
テンプレートを表示

南相馬鹿島スマートインターチェンジ(みなみそうまかしまスマートインターチェンジ)は、南相馬鹿島サービスエリア(SA)上に併設されているスマートインターチェンジである。

  • 運用時間:6:00 - 22:00[10]
  • 対応車種:ETC車載器を搭載した全車種[10]
  • 利用方向:全方向対応[10]

歴史[編集]

周辺[編集]

  • 小山田公民館
  • 上真野小学校

接続する道路[編集]

[編集]

E6 常磐自動車道
(22)南相馬IC - (22-1)南相馬鹿島SA/スマートIC - (23)相馬IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]