南砺スマートインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南砺スマートインターチェンジ
Nanto SIC.jpg
所属路線 E41 東海北陸自動車道[1]
IC番号 17
料金所番号 04-629
起点からの距離 181.4 km(一宮JCT起点)
福光IC (7.7 km)
(3.4 km) 小矢部砺波JCT
供用開始日 2015年3月1日[1]
通行台数 x台/日
スマートIC 24時間
所在地 939-1553
富山県南砺市上川崎
テンプレートを表示
南砺スマートインターチェンジの位置(富山県内)
南砺スマートインターチェンジ

南砺スマートインターチェンジ(なんとスマートインターチェンジ)は、富山県南砺市上川崎にある東海北陸自動車道スマートインターチェンジである。2015年3月1日に供用開始[1]。同日供用開始した北陸自動車道高岡砺波スマートインターチェンジ[1]と共に、供用開始日時点における富山県内では初の本線直結型スマートインターチェンジである[2]

道路[編集]

直接接続
  • 南砺市道南砺スマートインター線[3]
間接接続

歴史[編集]

[編集]

E41 東海北陸自動車道
(16) 福光IC - (17) 南砺スマートIC - (19) 小矢部砺波JCT

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 八田伸拓(2015年3月2日). “新幹線時代 開業まで12日 高岡砺波・南砺IC開通 高速アクセス向上”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  2. ^ 高岡砺波スマートIC及び南砺スマートICの概要 (PDF)
  3. ^ (仮称)南砺スマートIC 実施計画書 (PDF)”. 南砺市スマートIC地区協議会 (2011年1月). 2015年1月22日閲覧。
  4. ^ a b 3月1日(日)から北陸自動車道高岡砺波スマートICおよび 東海北陸自動車道南砺スマートICがご利用いただけます”. 中日本高速道路株式会社 (2015年1月20日). 2015年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月22日閲覧。
  5. ^ 南砺スマートIC(仮称)、城端SAスマートIC(仮称)の設置について協議します。”. 南砺市 (2009年7月22日). 2015年1月22日閲覧。
  6. ^ 「高岡砺波」「南砺」許可へ スマートIC推進方針、国交副大臣”. 北国新聞 (2010年12月28日). 2013年11月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月24日閲覧。
  7. ^ 高岡砺波・南砺スマートIC、本年度内着手へ”. 北日本新聞 (2010年12月28日). 2012年6月24日閲覧。
  8. ^ 高岡砺波・南砺スマートIC 許可申請提出”. チューリップテレビ (2011年1月24日). 2013年11月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月24日閲覧。
  9. ^ スマートインターチェンジの許可に関する知事コメント”. 富山県 (2011年3月1日). 2012年6月24日閲覧。
  10. ^ 新スマートIC名称は「高岡砺波」「南砺」- 北日本新聞 2013年10月24日

関連項目[編集]