南葵文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

南葵文庫(なんきぶんこ)は、1902年紀州徳川家当主・徳川頼倫東京府麻布区飯倉の自邸内に開設した私設図書館[1]。一時期一般に公開されたこともあったが、関東大震災があった翌年の大正13年(1924年)に、蔵書は火災で全焼した東京帝国大学附属図書館に寄贈され、文庫は閉鎖された[1]。ただし長子の徳川頼貞が収集した音楽資料コレクションは、「南葵楽堂図書部」として旧南葵文庫事務所で公開された[2]

旧南葵文庫[編集]

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:旧南葵文庫の建物の画像提供をお願いします。2017年10月

文庫の建物は、東大図書館の分館として使用されたのち、明治32年(1899年)竣工の旧館を残して取り壊され、旧館は1933年に頼倫の子・頼貞の別邸があった大磯に移築された[1]。その一部であるルネサンス様式の洋館は1987年に移修改築されて熱海市伊豆山のホテル「VILLA DEL SOL」となり[1][3]2008年には国の登録有形文化財に登録されている[3]。2016年現在、星野リゾート所有[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 和歌山県立博物館 2010.
  2. ^ 「南葵音楽文庫の1世紀」南葵音楽文庫紀要 第1号 (2018.3), pp4-5
  3. ^ a b c 文化庁 2016.
  4. ^ 名古屋市 (2016年). “蓬左文庫トップページ”. 名古屋市蓬左文庫. 2016年9月29日閲覧。
  5. ^ 名古屋市 2016.

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 坪田, 茉莉子『南葵文庫‐目学問・耳学問』東京都教職員互助会、2001年。全国書誌番号:20252474

座標: 北緯35度6分45.97秒 東経139度5分15.09秒 / 北緯35.1127694度 東経139.0875250度 / 35.1127694; 139.0875250