南部信興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南部信興

南部 信興(なんぶ のぶおき、享保10年9月22日1725年10月27日) - 安永2年8月13日1773年9月29日))は、江戸時代後期の大名。陸奥国八戸藩の5代藩主。4代藩主南部広信の長男として生まれる。官名は遠江守、左衛門尉。

生年は享保8年(1723年)とも。寛保元年(1741年)、父の死により家督を相続する。明和2年(1765年隠居し、安永2年(1773年)死去。享年49。跡を長男の信依が継いだ。

正室は織田長亮の娘。子は、長男・南部信依、三男・南部信充、四男・南部興長、五男・南部興春。