南部修太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南部 修太郎(なんぶ しゅうたろう、1892年明治25年)10月12日 - 1936年昭和11年)6月22日)は、日本小説家

経歴[編集]

土木技師である父常次郎の長男として宮城県仙台市で生れる。父の転勤につれて東京・神戸・熊本・博多・長崎と転住した。1905年(明治38年)の春、父の転勤とともに東京に上り、赤坂・麹町・四谷に住み移ったが、麻布区新龍土町十二に家を定め、芝中学校に通う。1912年(明治45年)、慶應義塾大学入学。文学科露文学を専攻。1917年大正6年)3月、慶應を卒業。以後1920年(大正9年)まで『三田文学』編集主任をつとめ、文筆生活に入る。1921年(大正10年)、結婚し二人の子(長男淳一郎、次男亮二郎)の父となる。

芥川龍之介を師と仰ぎ、小島政二郎滝井孝作佐佐木茂索とともに「龍門の四天王」と呼ばれた。慶大で友人だった理財科の秋岡義愛が川端康成従兄だったため、中学時代の川端と文通していた[1][2]

1936年昭和11年)6月16日夜半、脳溢血のため邸前に倒れ、22日午前9時逝去、法名は、修文院釋樂邦。43歳没(満年齢)。墓所は東京・青山の青山霊園1種イ22号1側にある。

南部は経済的には恵まれていたが、身体的には病が絶えず、持病の喘息、チフス、肺炎などで若い頃に命を落としかけている。作家としても、成功したとはいえない。現在では作品を手に入れることさえ困難である。

著作[編集]

  • 修道院の秋 新潮社 1920 (新進作家叢書)
  • 湖水の上 新潮社 1921
  • 返らぬ春 玄文社出版部 1923
  • 若き入獄者の手記 文興院 1924
  • 鳥籠 寳文館 1925
  • 過ぎ行く日 寶文館 1925
  • 露草の花 大日本雄弁会 1926
  • 月光の曲 宝文館 1927
  • 新進傑作小説全集 第14巻 南部修太郎集・石浜金作集 平凡社 1930
  • 白蘭花 平凡社 1930 (令女文学全集)
復刊、アンソロジー収録のもの
  • 北海道文学全集 第5巻 修道院の秋・秋の牧場にて 立風書房 1980
  • 若き入獄者の手記 復刻版 本の友社 1998 (まぼろし文学館)
  • 編年体大正文学全集 第9巻(大正9年) 湖水の上 ゆまに書房 2001.12
  • 日本現代文学選 2 ハルピンの一夜 フロンティアニセン 2005 (フロンティア文庫)
  • 南部修太郎三篇 イー・ディー・アイ 2005 (EDI叢書)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川端康成「あとがき」(『川端康成全集第1巻』)(新潮社、1948年)。『川端康成全集第14巻 独影自命・続落花流水』(新潮社、1970年)所収。
  2. ^ 郡司勝義「解題」(『川端康成全集 補巻2 書簡来簡抄』)(新潮社、1984年)