南部健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

南部 健一(なんぶ けんいち、1943年2月22日 - )は、日本の工学者東北大学名誉教授、工学博士、100年余学界の難問と云われたボルツマン方程式(Boltzmann equation)の解法を1980年世界で初めて発見した。又、ランダウ・フォッカー・プランク方程式(Landau-Fokker-Planck equation)の解法を世界で初めて63年振りに導いた。研究分野は層流・乱流、希薄気体、プロセスプラズマ。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 1965年 畠山賞(日本機械学会)
  • 1972年 L.F.Moody賞(アメリカ機械学会)
  • 1994年 論文賞(日本機械学会)
  • 1994年 業績賞(日本機械学会計算力学部門)
  • 1997年 流体科学研究賞(財団法人機械研究会)
  • 1998年 フロンティア賞(日本機械学会流体工学部門)
  • 2001年 流体力学論文賞(日本流体力学会)
  • 2008年 流体工学研究で紫綬褒章受章
  • 2016年 瑞宝中綬章

著書[編集]

  • 数値流体力学(共著)
  • 乱れる(オーム社、1995年)
  • 燃焼・希薄流・混相流・電磁流体の解析(共著)
  • 原子・分子の流れ(共著)
  • 果てなき海へ漕ぎいでて(丸善仙台出版S.S.)、他