南部利視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
南部利視
Nanbu Toshimi.jpg
南部利視
時代 江戸時代中期
生誕 宝永5年4月26日1708年6月14日
死没 宝暦2年3月28日1752年5月11日
改名 吉助(幼名)、信視、利視
別名 号:徳州、壺雲斎
官位 従四位下修理大夫大膳大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
陸奥盛岡藩
氏族 南部氏
父母 南部信恩、黒沢氏娘・浄智院
南部利幹
兄弟 利視永井直期正室ら
榊原政邦娘・国姫
瀬山氏
信伝、信居、三戸信駕、信周、三戸信明、利正、アイら
利雄
テンプレートを表示

南部 利視(なんぶ としみ)は、江戸時代中期の大名陸奥国盛岡藩7代藩主。官位従四位下修理大夫大膳大夫

経歴[編集]

宝永5年(1708年)、5代藩主・南部信恩の次男として誕生。信恩の死後に生まれたため、叔父の利幹が6代藩主となった。幼少時は毛馬内直道が近習を務めた。享保10年(1725年)7月21日、利幹の末期養子として家督を継いだ。同年7月28日、8代将軍徳川吉宗御目見した。同年12月18日、従五位下・修理大夫に叙任した。寛延2年(1750年)12月18日、従四位下に昇進する。寛保4年(1744年)1月27日、頭髪の薄さから幕府に惣髪願いを出し、許可されている。

藩主の就任当時は18歳で、家老・中野光康(吉兵衛)に藩政を委ねた。しかし、中野は前藩主時代の倹約政策を破棄して旧制度を復活させたため、翌年には参勤交代の下向の費用に窮する事態となる。なお、藩主・利視は「頗る遊狩を好み、普く領内を巡視せるを以て、能く風俗を諳じ民情」(『南部史要』)に通じていたという。

長男の信伝は旗本南部信弥の養子としており、前藩主・利幹の長男(利視の従弟)利雄を養子にして家督を継がせた。宝暦2年(1752年)に死去した。

なお、次男の南部信居は新屋敷三戸家を、三男の三戸信駕は中屋敷三戸家、四男の南部信周は角屋敷三戸家を興している。

系譜[編集]

子女は11男8女、うち1人は養女

参考文献[編集]

関連項目[編集]