南部政行 (鎌倉時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
南部政行
時代 鎌倉時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 行長、次郎
幕府 鎌倉幕府
氏族 南部氏
父母 南部時実
兄弟 政光政行宗経義元、宗実、実政
南部実継
時長師行政長、資行、祐行?、東重行?
テンプレートを表示

南部 政行(なんぶ まさゆき)は、鎌倉時代中期の武士南部氏3代当主・南部時実の次男(『続群書類従』)。次郎行長。

略歴[編集]

南部氏の初期の系譜は異同が激しいため諸説あるが、兄弟として南部政光、宗実、実政、宗継義元がいたとされる[1]

子は南部時長師行、政長。しかし時長については南部義元の季(すえ)という説もあるなど、系譜で差異がある。山梨県南部町の諏訪明神社神官家若林家蔵の「南部氏系図」では、通説では甥にあたる南部祐行を政行の子とした上、祐行から南部祐政・南部政行と続いて南部宗家へ至っている。

また『寛政重修諸家譜』や『祐清私記』によれば、政行は東氏の祖といい、『改正諸家系譜』には東氏を継いだ子として東重行、および孫・東政純の名がある。

政行は工藤氏に婿入りしたという(『陸奥南部一族』)。伝承では、政行の妻は工藤祐親(工藤祐光とも)の娘・八重姫南部師行南部政長をその子としている。 ただし、『八戸根城と南部家文書』(小井田幸哉、1986年)によれば、政行の室は南部実継の娘といい、政行との間に南部時長・師行・政長があり、また政行は後室との間に南部資行という子もあったという。のち時長兄弟と資行は祖父・時実の遺領を巡って争いを起こしている。

脚注[編集]

  1. ^ 南部系譜で実政は『系図纂要』のみに見られ、実政を 「時実の子」 と位置付ける「系図纂要」の南部氏系図の信憑性には疑問が付く。

参考文献[編集]

  • 南部史談会編 『南部史談会誌』南部史談会、1937年(国書刊行会、1983年再刊)